SKE48 水野愛理 評価

SKE48

水野愛理 (C) KADOKAWA

「人間の証し」

水野愛理、平成14年生、SKE48のドラフト2期生。
輪郭をもたないアイドルで溢れかえるシーンにあって、偶像ではなく、明確な実像として”刺激”を提供しつづけている。記憶を風景化して、それを短い物語として描写するのが得意なアイドル。悪童的な振る舞いによって注目を浴びる日も多い。アイドルの物語化に苦戦する少女が多いなか、それをいとも容易く実現してしまっている。なかなかの大器に見える。
たとえば、彼女は、他のアイドルとの交流を描く際、仲間の語るエピソードに同意しながらも、常に対立命題的な意見を作るために深く思考しているような顔つきをする。哲学者のように瞳を輝かせる。なにかを裏付けるために発したのかと勘ぐらせる科白を、突然、目の前に置くクセがあり、それが仲間の語ったエピソードを補完するための言葉だったことを、その場の空気が変わり、少しだけ時間が流れた後に覚らされるのだから、会話に対し意識的に振る舞える、手腕がある人物だと感じる。
楽曲ごとにパフォーマンスの質の差が激しいのは、生来の斑っ気が影響しているのだろうか。しかしそれがメンバー間ではひとつの個性と受容され、精彩を奪われる場面を作らないのは彼女自身の対話能力による恩恵だろう。

アイドルとファンの距離感という命題に対する水野の姿勢はとても興味深い。距離感の曖昧さは、アイドルに甘えるファンを”イノセントの鎧”に閉じ込め、アイドルシーンの病弊を顕にしている。もちろん、アイドルもファンに対し無防備で無邪気な言葉を投げ返す。この未成熟の集合によって不完全さを拭うシーンの成立を前に、水野愛理は自身のファンに甘えるシーンをほとんど作らない。ファンのイノセントな発言を前に、感情を吐露して嘲笑う場面こそあるものの、自身の心を乱し、情動を引き起こすことは稀である。
アイドルがファンの口を噤ませる、これは小説家がペダンチックな立ち居振る舞いを作るのと同様、実に容易い。例えば、中田花奈のように業界人だけが知る情報をひけらかし、『素人にはわからない世界だから』と一言、言い捨てれば良い。ファンは黙ってその場を立ち去るほかない。しかし、水野はそのような浅はかな行為でファンにもたれ掛かり、ファンを自ら手放すようなことはしない。彼女は、意識的にそうするのか、あるいは天性のものなのか、わからないが、対峙したファンの傍に降り立ち、嘘の裏側に置いてある”素顔”を少しだけ覗かせてやるのだ。この絶妙な距離感の作り方は、彼女をきわめて怜悧な人物に映す。生田絵梨花のような、現代アイドルとして、与えられた境遇を活かし、自身の枠組みを押し広げるタイプのアイドルへと成長する可能性を持つのではないか、と期待を抱かせる。

一方で、怜悧ではあるが、生田絵梨花のような知的さ、お嬢様感を作らないのは、水野愛理の日常の”姿勢”に因るのだろうか。もちろん、アイドルにとって知的さやお嬢様感を消すことにはデメリットだけではなく、メリットもある。とくにSKE48においてはメリットの方が大きいかもしれない。寡黙や俯きがコミュニケーションにとって有利にはたらくと知って、それに甘え、成長そのものを放棄する現代人が多いなか、彼女の雄弁で悪童的な姿勢は、隘路の壁を掘り進めるような憧憬を描かせてくれるからだ。だが、少女の悪童的な前のめりは、ヴァルネラブルの暗示とも呼べる。 

「逃げろ」誰かが叫び皆が一斉に走り出した。しかし私は横にいるディックが走り出さぬのを確かめた上で手にしていた拳銃を川の向こうに向かって構え、狙いをすませて引き金を引いた。弾が何かに当たった手応えも音もなかった。私の横でディックが何か大声で叫んだ。私は多分思わず馬鹿なことをしてしまったに違いない。ディックが私の肩をどやすようにして走り出した。私も急に怖くなって夢中で走った。

(石原慎太郎「わが人生の時の時」)

これは、石原慎太郎が実際に野生のグリズリーに遭遇した際の描写である。
下記は、この石原慎太郎の実体験の叙述に対する福田和也の評である。

「強大な獣と出会った」というだけではなく、「なぜあんなことをしたのかわからないままに」ライフルや拳銃を撃つ。特に熊の場合は、そのために全員が殺される羽目になるかもしれない危険を冒してまで撃つ。氏の資質として、そうしないと気がすまないのです。自分の存在が「あくた」のように小さいものであることを知りながら、それでも大きなもの、宇宙の永遠といった人間の手の届かないものに対して、反抗したくなる、抵抗したくなる。大きな存在に遭遇して感動した、怖かった、逃げたというだけではなく、ついちょっかいを出してしまう。それは卑小であるが人間の証しであるかのように、頭より先に身体のほうが反応をしてしまう。

福田和也 / 福田和也の文章教室

この「人間の証し」が水野愛理の日常に重なるのだ。「手の届かないものに対して、反抗したくなる、抵抗したくなる」姿勢、石原慎太郎的な衝動、つまり「卑小」が、アイドルを演じる少女が否応なく遭遇するヴァルネラブルにすり替わるのではないか、という胎動を水野愛理は抱えているように映る。彼女がそれを打倒し、ある種の弱さをグループアイドルの矜持へと結びつけるには、哲学書のページを捲るような永い時間が必要になるだろう。

 

総合評価 64点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 13点

演劇表現 10点 バラエティ 14点

情動感染 14点

SKE48 活動期間 2015年~

   

櫻坂46 無言の宇宙 評価

「無言の宇宙」 ミュージックビデオについて、 『流れ弾』のカップリング曲。センタ ...

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...