NGT48 西村菜那子 評価

NGT48

西村菜那子(C)朝日新聞デジタル

「酔狂で行こう。」

西村菜那子、平成9年生、NGT48の第一期生。
アイドルの扉をひらくまでの苦闘の劇、その披瀝はNGT48のイロに則している。ドラフト候補生にはじまり、あこがれのた幻想の世界へ入場した後は、研究生、アンダー、選抜まで、グループアイドルとしてのイベントは一通りこなしている。ライブステージの上で描く表情もきらきらとひかっており、目を引くものがある。村山彩希との交流など、なかなかおもしろいエピソードももっている。その経歴だけでなく、アイドル本人の空気感の内にもアクチュアルなものを見つけるが、アイドルの視点そのものがどこにあるのか、いまひとつわからない。
駅伝競走とアイドル、といえば乃木坂46佐藤楓をまず思い浮かべるが、西村菜那子も駅伝競走に対し並なみならぬ情熱を把持するアイドルであり、むしろ西村の場合、「駅伝」がアイドルの殖産におさまらず、アイドルのアイデンティティに昇華されているようにみえる。バラエティ番組のなかで、脈絡なくやや唐突にはじまった「駅伝」に対する鼻息荒い講釈にはじまり、メディアにおけるコラム執筆、ついには「駅伝」をテーマとした舞台にまで出演しているのだから、アイドルの物語の大部分を「駅伝」というイメージで塗っている。つまりは、このアイドルの立ち居振る舞い、ミスティフィカシオンをたのしむには「駅伝」に精通しなければならない、という知識強要がある。あるいは、鼻息荒く「駅伝」を語る彼女の横顔をたのしめなければならない、という強迫がある。趣味が高じて仕事になる、それはそれで頼もしいのだが。彼女の書く文章を読んでみても、いまのところそれが自身の成長につながり物語化される、といった展開はおとずれていないようだ。知識のひけらかしではなく、「駅伝」というコンテンツに深入りしたとき、その筐体の中で起きる出来事に抑えきれず自己を投影し、妄想の爆発がフィクションを作り出す、こころのなかをさらけ出す……、そのような光景をファンの眼前に立ち現せることができれば、「活力を与えるアイドル」の水準に達するのではないか。

 

総合評価 52点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 12点

演劇表現 10点 バラエティ 10点

情動感染 8点

NGT48 活動期間 2015年~

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...