AKB48 戸島花 評判記

AKB48

戸島花 (C) AKS

「囲碁から『文春』まで、司会を務める」

戸島花、昭和63年生、AKB48の第一期生であり、SDN48の第三期生。
卒業後、『囲碁フォーカス』の司会を務めるなど、頭の回転が良く、かつ作家性もあり、弁が立つ。なかなかきっぱりとした態度、姿勢を作る人物で、アイドル時代も劇場に立てばそれなりに存在感があり、トークだけでなく、ダンスにも厭味がなかった。さばけていて、頼りになるアイドル、といった印象を強く残している。彼女の胸で泣くアイドルも多かったようだ。舞台演劇の経験もそれなりにあり、アイドルとしての物語はその知名度・人気の低さに対し、退屈とは云えない。云えないが、”はじめて”本音をこぼした、と心境を述懐したSDN48への参加から、わずか1年足らずでアイドルの物語を打ち切られるという境遇を目のあたりにすると、グループアイドルとしての宿命さのようなもの、要するに運や希求力の欠如を見出さざるを得ない。
AKB48の出世作『会いたかった』選抜の一人であり、グループアイドルとして文句なしのスタートを切っている。だが、縁の下の力持ちや大器晩成の人といった、アイドルを演じる少女にとっては揶揄にしか聞こえないキャラクターに終始し、夢や理想へ突き進むための絆に憑かれた才能にあふれる少女の集合を前に、その主流の人間喜劇をくつがえすような場面をさいごまで描けなかった。

AKB48のくすんだ時代の一端を覆った人物が、現在では「文春」の記者の隣に座ってアイドルのスキャンダルを報じるという、なんとも自己皮肉的な、滑稽な姿をさらしているが、SDN48への参加をみてわかる通り、なんとしてでも文芸の世界で食べていこうとする、通俗の所持をたしかに受け取る。

 

総合評価  54点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 9点 ライブ表現 13点

演劇表現 11点 バラエティ 13点

情動感染 8点

AKB48 活動期間 2005年~2008年
SDN48 活動期間 2011年~2012年

 

日向坂46 4期生のお披露目動画と「ブルーベリー&ラズベリー」の感想

「似ているような 全然似ていない」 日向坂46に「4期」が誕生した。数えると、1 ...

アイドルの可能性を考える 第十三回 丹生明里 編

「無垢なアイドル、という倒錯の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの ...

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...