AKB48 篠田麻里子 評判記

AKB48

篠田麻里子 (C) オリコンニュース

「エポック・アイドル」

篠田麻里子、昭和61年生、AKB48の1.5期生。6代目センターであり、「神7」のメンバー。
AKB48の描いた群像劇の主要登場人物であり、
闘争、覚悟といった物語の作り方を明確に提示した人物。
篠田は、それまで暗黙され回避されていた、「アイドルの触発」をストーリーとして引き起こそうと試みた”はじめて”のアイドル、と呼ぶべきだろうか。作家性に優れたアイドルであり、篠田麻里子の編み上げる科白は、グループアイドルの日常の平穏を急変させ、まだ動かぬと座し傍観している若手アイドルを右へ左へと否応なく立ち回らせることになった。必然性を著しく欠いた、即興劇にも映るその篠田の仕掛けを前に、道半ばで倒れてしまう少女がほとんどであったが、しかし、不思議と、全員前を向いている。後ろには、アイドルのあらゆる醜態が撒き散らかされている。それを見て、篠田は嗤う。彼女の笑顔が周到に仕組まれた演技なのか、衝動によるものなのか、だれにも判断はつかない。でも、だから観客は胸のすく思いを味わってしまうのだ。
そうした可憐の底で発光する強靭な魂は、次の時代を生きるアイドル、とくに、松井珠理奈のアイドルの作り方、フィクションを作ることへの憧憬として、多大な影響を与えている。
次の世代を生きる少女に対する影響力、あるいは、次世代アイドルとの共闘性において、とにかく篠田はエポックとして大きな存在である。松井珠理奈との関係性と比較すれば、これはより分析的な話題になるが、たとえば今日シーンの表通りを歩く白石麻衣が浴びる称賛と功績のひとつに、アイドルに興味を持たない大衆をシーンの渦中に引きずり込む”入り口性”を挙げられるが、これは篠田麻里子が作った枠組みの再利用でしかない。さらに云えば、秋元真夏や長濱ねるの1.5期という立場が獲得するファンからのチャント、つまり第一期生によって形になりつつあるグループの物語、その心地よさを打ち破る存在への不安感とは、アイドルシーンに没入する人間が、アイドルシーンの外側に立つ公衆の目を過剰に意識するといった、シーンの病弊への投射でもあるのだが、それを映し出す鏡=1.5期の”はしり”こそほかでもない篠田麻里子である。
とはいえ、篠田麻里子の魅力とは、そうした存在感(後続のアイドルに対する影響力)にあるのではなく、なによりも特筆すべきは、ファンとの距離感、その作り方にあるだろう。篠田麻里子、このひとは、会えるアイドル、と喧伝されるシーンにあっても、触れるのに常に緊張感・刺激を求めるひとで、うかつには近寄れない、そんなイメージを作っている。彼女のその近寄りがたさとは、たとえば、頭を2回ぽんぽんと叩かれた女性が顔を赤くするような愛くるしさと、手の届かない頭上はるか高みから見下されるような態度との混淆によってイメージされたものであり、つまりアイドルから遠く離されてしまったという感覚がもたらすのではなく、アイドルと異常に近い距離、きわめて遠い距離との途切れない反復によって積み上げられたイメージなのだ。だからファンは彼女の”とりこ”になった。アイドルとして売れた途端、これまでとは打って変わり、ファンに対して唐突に他人化するメジャーアイドルであふれかえる今日のアイドルシーンにあって、篠田麻里子のこの距離の描き方は、やはりエポックであり、かつ凡庸さをかるく凌ぐ才能と呼べる。

 

総合評価 73点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 13点

演劇表現 14点 バラエティ 16点

情動感染 16点

AKB48 活動期間 2005年~2013年

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...