AKB48 篠田麻里子 評価

AKB48

篠田麻里子(C)小林勝彦/朝日新聞デジタル

「プログレッシブ・アイドル」


篠田麻里子はAKB48の描いた群像劇の主要登場人物であり、神7のメンバーである。

闘争、覚悟といった物語の作り方を明確に提示した人物であり、それまで暗黙され回避されていた「触発」をひとつのストーリーとして引き起こそうと試みた”はじめて”のアイドルである。生来の作家性によって置かれた篠田麻里子の科白は、グループアイドルを取り巻く概念=事態を急変させ、まだ動かぬと座し傍観している若手アイドルを右へ左へと否応なく立ち回らせることになった。即興劇のように必然性を欠いた少女たちの揺きは、道半ばで倒れる才能がほとんどであった。しかし、不思議と、全員前を向いている。後には、アイドルのあらゆる醜態が撒き散らかされている。それを見て、篠田は嗤う。その笑顔が周到に仕組まれた演技なのか衝動によるものなのか、判断はつかない。でも、だから、観客は胸のすく思いを味わってしまう。可憐の底で発光する強さの証のようなモノの存在は、後世のアイドル、特に、松井珠理奈の抱えるストーリー性に多大な影響を与えている。

その日のチェックアウト作業が終わり、有線音楽放送が切られたビジネスホテルの館内、ルームチェンジ手続きの為にフロント前のソファに沈み、真っ白な原稿用紙のことを考えながら天井を眺めているとき、フロント係の若い女性たちの世間話を聞くことがよくある。篠田麻里子の名前が話題に挙がったのを聞いたこともある。彼女の容姿が「アイドル」に対する関心への入り口として機能しているようだった。白石麻衣に対して、同じようなエピソード(役割)を川後陽菜が語っているのを数年後に目にすることになるのだが。アイドルと距離感の近い、アイドルに知悉した評論家が乃木坂46を、平手友梨奈を、「決して新しいわけではない」と云っているのを何処かでみたことがある。たしかに、その通りかも知れない。生駒里奈や生田絵梨花は言うまでもなく、白石麻衣も新しくはない。彼女たちの物語の達成や到達点は前代未聞の快挙であるが、その物語の「ジャンル」、意味性や展開はすでにAKBグループによって踏破されている。橋本奈々未や深川麻衣の虚構の郷愁性もSKE48の向田茉夏によってすでに踏破されていた。齋藤飛鳥のニル・アドミラリも島崎遥香がすでに抱えていた。STU48が現在構成しようと企むのはAKB48と乃木坂46のハイブリッドだが、それも結局は、もとを辿れば篠田麻里子に帰結して行くのは云うまでもない。やり残したことの代弁(代替)という宿命を次世代に生きるアイドルが背負わされるのは、グループアイドル史の上で踊る以上、それは当然の成り行きなのだろう。白石麻衣の、アイドルにほとんど興味のない一般人を引き込む「入り口性」とは、篠田麻里子が砕いた枠組みの再利用でしかない。彼女は1.5期という立場であった(これは秋元真夏、長濱ねるの先駆けでもある)。それは外側からの闖入という意味で投射を可能にするのではないか。外側からの闖入者(篠田麻里子)が、アイドルを意識しない外側にいる人間を”新しいファン”に変換させるトンネルの入り口として機能して行く…。アイドルを応援すると決意して、その虚構への入口の扉をひらいた人物が「一般人」に対しオブセッションを抱えるきっかけはどのようにして訪れるのだろうか。内側で完結した空間。そこで満たされていくことが、外側への自意識過剰を作るのか。自分の踏み込んだ世界に、完結した心地よい世界に、外側から新たに大挙して押し寄せる闖入者たち。彼らに対する議論を”はじめて”作ったのは篠田麻里子である。「篠田麻里子」は現代アイドル史にとってフィクティブな批評に値するエポックと云えるだろう。

彼女の近寄り難さ=強さはアイドルとしてのアイデンティティと目され、個が不完全なままに交錯し群像劇を作り上げる為の原動力になった。その「篠田麻里子」のストーリー性が虚構に踏み込む前の篠田麻里子の生い立ちとリンクしている点は看過できない。少女の日常にあった、出会いから別れへと否応なく到達する光景への馴致が、「篠田麻里子」に現代アイドルとファンの距離感の喪失を生き抜くバランス感覚を養った。近寄り難さとは対象との遠さを表すのではない。篠田のファンは自身が「篠田麻里子」の心の裸への接近を許された日があるのを知っている。上から見下されるように、手の届かない存在だと思い知らされる日も、もちろんあった。篠田麻里子と接するには緊張感を常に伴う。だから近寄り難いのだ。激動期にあっても、むしろ篠田はファンからの無償の一言に甘えたいと渇望した。ファンの声はショートケーキの苺であった。篠田はファンに、本来の彼女は思わず頭を2回ポンポンと叩きたくなるような愛くるしさを、素顔を持っているのだろうと、覚らせるのだ。トップアイドルとしての矜持を意識した途端にファンと距離を置く現役アイドルがあとを絶たないのをみてわかる通り、篠田麻里子とそのファンの関係性、構図は現代アイドルシーンのなかで稀有な例として屹立している、と云える。

 

総合評価 82点

現代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 14点

演劇表現 15点 バラエティ 18点

情動感染 18点

AKB48 活動期間 2005年~2013年

評価点数の見方