AKB48 佐藤栞 評価

AKB48

佐藤栞 (C) bookmarker_23/instagram

「グローバルアイドル」

佐藤栞、平成10年生、AKB48のTeam8のメンバー。
なによりもまず、チャーミングなアイドルである。日常を演じることへの倦みを投げつけるシーンも多いが、独り歩きする、「肉体」が作る美の揺きへの評価は減衰しない。彼女は、対峙することで”眼には見えないなにか”を要求する妖艶な笑い顔と、意外性や突発性があるのに、しかし道筋を辿り共感できる泣き顔を作る。佐藤栞というアイドルの内には自己消滅的な問いがあるのかもしれない。弱火で徐々に熱したような問いを前にすると人は平静を失うものだ。冷静と情熱のあいだ、と云ったら陳腐かもしれないが、彼女の日常風景には、そのような情動の皮膜をつらぬく物語性があるようだ。

優れたライブ表現力の持ち主であり、コケットリィの分野でならば現存するアイドルのなかでも他の追随を許さない水準に達している。彼女の踊りは、現実とは別の場所にあるとびきりの楽園を垣間見せてくれる。まだまだ技術的に未熟な部分はあるが、観者を虜にするコケティッシュなダンスの達成という一点においては「渡辺美優紀」に次ぐ存在と呼べるだろう。
佐藤栞のダンスの特徴とは、やはり肉体の揺れにあるだろう。仕草の一つひとつに、ファンの情動を引き起こすきっかけをあたえる、肉体の揺らめきがあるのだ。それはたとえば、遊園地の敷地内を練り歩くマスコットキャラクターの身振り手振りが与える感興、あるいはハワイのカウアイ島にあるバーでノリの良い黒人がグラスを片手に魅せる小気味の良いダンスのように芳醇である。そうした立ち居振る舞いとは「言語」という壁をあっさりと越えてしまうものだ。
このアイドルに他のアイドルにはない可能性を見出すならば、それは「グローバル」になるだろう。
異国の地で道に迷い、ガイドブックを片手に彷徨い歩いた日に、路地裏で目撃したグラフィティアート。壁に猫画された登場人物、地面に限りなく近い位置に描かれ「足」を持つ人々の絵、朽ちていく壁、咲いていた花は雨風に曝されて今では枯れている。その連なりのどこかで「佐藤栞」を目撃していたのかもしれない、という感慨がこのアイドルにはある。言葉ではなく、鑑賞によって”傷み”が相互共有されて行く世界のどこかで、喪失ではなくヴァルネラブルのどこかで、すでに出遭っていたのだろうという感慨をこのアイドルの踊りは与える。おそらく、グローバルと呼べる唯一の手段が言語を持たない「踊り」なのではないか。佐藤栞のような踊りを作れるアイドルだけが言語の壁を貫くことに成功するのではないか。

 

総合評価 59点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 14点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 12点

AKB48(Team 8) 活動期間 2014年~2019年

2019/06/08  バラエティ 10→12

   

櫻坂46 無言の宇宙 評価

「無言の宇宙」 ミュージックビデオについて、 『流れ弾』のカップリング曲。センタ ...

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...