AKB48 佐藤夏希 評価

佐藤夏希(C)ORICON NewS inc.

「嵐の夜には」

末端的登場人物に終始するしかないアイドルが秋元康と対峙し、共に物語を作った時代がたしかにあった。アイドルという架空の世界で青春を描き切るために、(アイドルを演じる少女の)青春の犠牲が当たり前のように求められ、それを当然として受け入れる時代がたしかにあった。だからこそ、幻想に、日常にリアリティーがあった。
宮澤佐江との交錯、「仲間はいつだってここにいる」という支え、絆、絶望、稚気。同じ土壌でありながら異なる栄養素を与えられる暮らしへの孤独。佐藤夏希の多様性が蕾のまま萎れて枯れてしまったことは、固陋的な耽美への傾倒によって共感や共闘を損ない、情動の感染に失敗をする現代アイドルの隘路の典型、その先駆けと云えるかもしれない。(*1)

 

総合評価 48点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 7点 ライブ表現 12点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 7点

AKB48 活動期間 2006年~2012年

引用:(*1) 秋元康 / 支え

評価点数の見方