AKB48 柏木由紀 評価

AKB48

柏木由紀 (C)Ravijour

「老いてなお花盛り」

柏木由紀、平成3年生、AKB48の第三期生であり、11代目センター。
”3期”最後の生き残りであり、現代でアイドルを演じることになった少女たちが経験する事象のすべてに遭遇したのではないか、と覚らせる人物である。日常を演じることへの気勢、物語を書くことへの意欲は衰えを知らず、とくにライブパフォーマンスについては鈍ることなく成熟な妖しさを放っており、老いてなお花盛り、センターポジションに立つアイドルがそなえる孤閨とは異なる色のさびしさを身にまとっている。柏木由紀は純文学タイプのアイドルか、エンターテイメントタイプのアイドルか、どちらか一方を選ぶならば、彼女はエンターテイメントタイプのアイドルに分類されるはずだが、司馬遼太郎や矢作俊彦の長編小説がそうであるように彼女の中にも文学的な響きが内在している。何かにとって、誰かにとっての「いちばん」には決して選ばれない宿命を背負っている点に文学的な響きをつよく感じる。自ら手放したファンの数がアイドル史において「いちばん」という倒錯からも、彼女の作りあげたアイドルに文学の匂いを認めざるをえない。

常にシーンの主要アイドルであり続ける「柏木由紀」というアイドルの凄まじさとは、他者に自身が作るアイドルの内心を窺わせない、心の縁に触れさせまいとする防衛力と云えるだろうか。グループアイドルが長編小説のような長い物語を書くには、なによりも他者と隔絶した存在にならなくてはならない、と心に秘めているかのように、彼女はアイドルの葛藤のすべてを内部で完結させる。NGT48への兼任もイデオロギーの継承というよりは、彼女自身の物語への加筆(アイドルの延伸)の色が濃い。たとえば、松井玲奈が乃木坂46への兼任で実践し、成果をあげたように、アイドルの生身をちぎり取り、筐体の底に投げ捨てる、つまり「アイドル・柏木由紀」という系譜を作ることで自身の”存在”がグループの歴史のなかを、アイドル史の上を漂い続けることになる、という憧憬を柏木は抱いていない。彼女の目的とは、自身の作り上げたアイドルそのものを稼働し続けることである。仲間やライバル、あるいはファンと、グループアイドル特有の稚気を可能な限り排除し描かないようにつとめることこそ、彼女にとっての「アイドルの儚い命」を延伸させる美容法なのだ。
一方で、この他者と隔たりを設ける彼女の姿勢がアイドルとして未成熟の証しになるのか、と問うのならば、答えは「否」である。

アイドルにとっての成熟を、そのまま人間性の成熟と扱うことはできない。人として、あたりまえの生活と個人的体験を通過した後に訪れる成熟は、アイドルの成熟とは異なる。ほとんどのアイドルは、アイドルの成熟をむかえることはできても、人間そのものの成熟はむかえない。人として成熟するのは卒業後になるのだろう。アイドルの成熟が可能であれば、その状態こそ、文芸の世界で活動する上ではベストな状態だと錯覚に陥るが、ライブパフォーマンスや演劇といった表現力の分野においては、往々にして、偶像の洗練や熟れよりも、人間性の熟れ、個人的体験の所持(喪失の体験通過)を求められるといった矛盾が発生するのである。宇多田ヒカルが「まともな歌詞」を書くために「一般人」に一度だけ戻った、というエピソードはこの成熟の問題を端的に現しているのではないか、と私はおもう。
柏木由紀に話を戻すと、彼女は人としても、アイドルとしても、成熟した人物に映る。それは、アイドル(文芸)という虚構の機微を熟知した人物だけが魅せる妖艶な表現を可能にしている点から、逆説的に導き出せる答えでもある。嬌態という分野でならば、彼女のライブパフォーマンスはアイドル史においてひとつの快挙である、と評価する理由は、やはり、特別な個人的体験との遭遇によりひとつの成熟に達した物語が、質と量、ともに申し分なく、その豊穣さに彼女の作る表情が依存している点を看過できないからだろう。つまり、現在が柏木由紀の「全盛期」だと云える。多くのファンを失った(手放した)彼女の後姿こそ、アイドル・柏木由紀の最盛とよべる。この倒錯が文学的なのだ。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 16点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2006年~

 

STU48 門脇実優菜 評価

「技巧の極致」 門脇実優菜、平成15年生、STU48の第一期生。 デビューした段 ...

STU48 兵頭葵 評価

「青い向日葵」 兵頭葵、平成13年生、STU48の第一期生。 さっぱりした気性の ...

STU48 榊美優 評価

「CUCA」 榊美優、平成14年生、STU48の第一期生。 淡々としていて、常に ...