AKB48 ある日 ふいに… 評価

AKB48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

倉野尾成美さん(@noochan_1108)がシェアした投稿

「入道雲 遠ざかった 夏の終わり」

 

書き出しの描写は、工夫がある、と評価できる。「入道雲」が歌詞を”覆う”メタファーとして機能している。
少女の成長速度と少年の成長速度は異なる。少女の肉体的な成長と精神の成長は、少女からの拒絶感として少年の目に映るだろう。少年が意識する、少女とのスピードの違い(乖離)は、少女を自分とは決定的にちがう個体として認識させる。そのような”流れ”を、恋のはじまりの経緯として描写している。
少年の恋のはじまりやきっかけを言葉で説明するのはむずかしい。それは、焚き火が風に吹かれて消えてしまう音を描写するようなものだ。それが発生する瞬間を(あるいは発生していたことを自覚する瞬間を)作詞家が自身の記憶や、脳裏に焼きついている光景を一枚一枚遡って、写生を試みた、と想わせる歌詞である。ソファにしずみ込み、感慨にひたる作詞家の姿が容易に想像できる。

映像作品については、歌詞の冒頭に使われた「入道雲」にヒントを得て、「実験」「分析」をテーマに決めたのだとおもう。その「分析」は作詞家が少年の心象を「分析」した行為に重なる。安直と捉えることも可能だが、この場合は、つくり手の「閃き」と評価しても良いだろう。だが、”じゃあそこから何らかの感情の揺きを強いるような握力があるのか?”というと、そういった魅力は一切感じない。

 

総合評価 46点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 6点 歌詞 15点

ボーカル 6点 ライブ・映像 10点

情動感染 9点

 

歌唱メンバー:倉野尾成美、小田彩加、竹内彩姫、込山榛香、太野彩香、内木 志、松岡菜摘、一色嶺奈、渋谷凪咲、岡部 麟、鎌田菜月、小田えりな、駒田京伽、太田奈緒、田中菜津美、中村歩加

作詞 : 秋元 康 作曲・編曲 : 藤谷一郎

評価点数の見方