乃木坂46 自分じゃない感じ 評価

乃木坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

乃木坂46 photography&catchcopyさん(@instazaka_46)がシェアした投稿

「自分の存在証明どこだ?」


Commonの『be』を彷彿させる、ノスタルジックな世界観をもつ楽曲である。
楽曲を包括するテーマ、アイドルへの課題と成長。その成長の共有と伝播。と、きわめて周到に練られた「構成」を感じる。
これまでに提供された乃木坂46の3期生楽曲は、シーンの最前線で闘うアイドルとして、圧倒的に不足している彼女たちの物語を補う存在(目的)
であった。3期生のキャラクターの発見と発露、そしてそれらを確立する為の直喩的な場所であった。
『自分じゃない感じ』はそれらを踏襲しつつ、次の段階へと、しっかりと駒を進めている。「自分じゃない感じ」や「自分の存在証明」というワードが示唆するとおり、アイドルの虚構作りというテーマに踏み込んでいる。アイドルがモラトリアムの段階でつくりあげなければならない虚構というもうひとつの世界。その作業過程をポップに表現できている。

所謂、ラップ調の曲をどれだけ滑稽にみせずに「演りきる」か、それが現代アイドルにとっての「なりきること」へのハードル(課題)として用意されている。AKB48の『Green Flash』のラップ箇所について、高橋みなみが「どう演っても、嘲笑われる」と嘆いていたと記憶するが、その後も、『風船は生きている』など、彼女たちアイドルに同課題は配置され続けている。
その観点で、伊藤理々杏、佐藤楓の両者のボーカル、ライブ表現は、この楽曲を見事に演りきった(課題を乗りきった)、と評価できる。

 

総合評価 76点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 18点

ボーカル 18点 ライブ・映像 11点

情動感染 14点

引用:見出し「自分じゃない感じ」

 

歌唱メンバー
伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃向井葉月山下美月、吉田綾乃クリスティー、向井葉月与田祐希
作詞:秋元康  作曲:ツキダタダシ  編曲:ツキダタダシ

収録トラック:ジコチューで行こう! 自分じゃない感じ あんなに好きだったのに… 心のモノローグ 三角の空き地 空扉 地球が丸いなら


評価点数の見方