乃木坂46 自分じゃない感じ 評価

乃木坂46, 楽曲

乃木坂46の第三期生 (C) 乃木坂46

「自分の存在証明どこだ?」

歌詞、楽曲について、

周到に練られた、啓蒙的な構成を感じる。これまでに提供された乃木坂46の「3期生楽曲」とは、シーンの最前線で闘うアイドルであるのにも関わらず、圧倒的に不足する少女たちの物語性、それを補う役割を担っていた。乃木坂46の3期生、12名のメンバーそれぞれに対し、アイドルを演じる動機の再発見と、その過程で見失った素顔の発見を手伝う、明確な試みが繰り広げられる場所、それが「3期生楽曲」であった。今作『自分じゃない感じ』では、前作までの試みを踏襲し、なおかつ、あらたなフェーズへと、しっかりと駒を進めている。「自分じゃない感じ」や「自分の存在証明」というワードが示唆するとおり、自分ではないもうひとりの自分=アイドルを作り上げる作業、つまり「フィクション」がテーマに置かれている。アイドルを演じる日常を手に入れた少女が自我の発見を通じてウソを作る過程を、ここではないもうひとつの別の世界へと足を踏み込もうとする瞬間を、あくまでもポップに再現している。
たとえば、今作では、所謂、ラップ調の曲をどれだけ滑稽にみせずに演りきるか、アイドルにとっての「なりきること」へのハードル(課題)が用意されている。AKB48の『Green Flash』のラップについて、高橋みなみが「どう演っても、嘲笑われる」と嘆いていたのを覚えているが、その後も、『不器用太陽』『風船は生きている』など、作詞家・秋元康から少女たちに向け同課題は倦むほどに配置され続けている。このような観点に立つとき、センターポジションで踊る山下美月だけでなく、伊藤理々杏、佐藤楓のボーカル、ライブ表現には特別な頼もしさの提示があり、『自分じゃない感じ』を見事に演りきった、課題を乗りこえた、と評価できるはずだ。

 

総合評価 72点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 16点

ボーカル 17点 ライブ・映像 13点

情動感染 12点

引用:見出し「自分じゃない感じ」

歌唱メンバー:伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃向井葉月山下美月、吉田綾乃クリスティー、向井葉月与田祐希

作詞:秋元康  作曲:ツキダタダシ  編曲:ツキダタダシ

 

乃木坂46 鈴木絢音 評価

「限りなく透明に近いブルー」 鈴木絢音、平成11年生、乃木坂46の第二期生。 現 ...

AKB48 永尾まりや 評価

「アナーキー」 永尾まりや、平成6年生、AKB48の第九期生。 いわゆる、守りた ...

海外ドラマとグループアイドル

「ウェントワース女子刑務所が面白い」 懇意にしているある劇団の、ある舞台女優から ...