乃木坂46 滑走路 評価

乃木坂46, 楽曲

(C)滑走路 ミュージックビデオ/乃木坂46LLC

「今すぐに」

 歌詞について、

作詞家にとって、日常から溢れるセンテンスを衝動的に拾い上げ、それをアイドルを演じる少女に向けて投げ付ける、というフェーズはすでに終わってしまっていて、アイドルの日常、シーンに発生した感情、つまり語彙を、こちら側の日常に当てはめ、物語を後付で作って行く手法が当たり前になってしまったのか、と感じる。たとえば、旅先、海岸の砂浜を散歩しているとき、知らない誰かが落としたであろう「車の鍵」を拾ったとする。その「車の鍵」を眺めながら落とし主の憂鬱を想い、自身の過去にかさね合わせ、ストーリーを構築していく、そんな手法で今作品は描かれているようにみえる。この場合、「車の鍵」が「滑走路」であるのは云うまでもない。クリシェに盲目であるがゆえの無頓着と云えるが、そのような行為を選択せざるを得ない状況では、仕掛けを作ることは容易でも、観者の想像力の外側に回り込むことは困難だろう。仮装した共時によって皮肉が立ち現れ、俗悪さがしみ出ている、などという声量の獲得に期待しているのであれば、これ以上のナルシシズム、鈍感の現れはあるまい。

ミュージックビデオについて、

作りてにセンスがある、と手放しで称賛できる。グループアイドルの映像作品として、「群像」の成立に成功しているだけではなく、楽曲そのものを深化させている。色彩の連なり、ディティールの積み重ね、知的でデオドラントだが、没入がある。何かを問う、何かを問われる、というような切迫が意図的に排除されており、初夏の早朝の冷気をゆっくりと侵食する温さ、リアリティーを忘却させる明澄な世界を構築しているが、むしろ、この偏りが生活に浸透する季節の記憶を作るのに役立っている。駅につづく早朝の路地、飯屋から運ばれてくる匂いによって、「滑走路」を聴いた現在(いま)を、この映像と共に、いつか想い出すだろう。

映像世界に用意された登場人物になりきることで、少女が自身の作るアイドルの自我を成立させる、この構図こそ乃木坂46のアイデンティティと名づけられるはずだが、今作でもそれは踏襲されている。仮構の中で踊る10人のアイドルが、とくに、センターポジションに立つ寺田蘭世が日常よりも輝いて見えるのがそのもっとも明確な徴だ。おそらく、乃木坂46の現役メンバーのなかで誰よりも、与えられた楽曲と融和し物語性を獲得するのが寺田蘭世、彼女だ。彼女の”芝居じみた”横顔には、常に、なにかを失ったさきにだけ見える、成熟への前兆が映されている。「寺田蘭世」は、ライブ表現と演劇表現を緊密に絡みつけたアイドルと云えるのではないか。
また、山崎怜奈の演劇が向井葉月の持ち込んだ「役割」をうまく活用し、グループアイドルとして、群像を機能させている点も看過できない。ダンスもしたたかで、しなやかな表情を作っており、素晴らしい。山崎怜奈のアドバンテージが日々拡張している…彼女もまた、成長共有というコンテンツの要件を満たす力量を、才能を持つトップアイドルの一人なのだと、気付かされる。

 

総合評価 68点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 12点

ボーカル 13点 ライブ・映像 16点

情動感染 13点

歌唱メンバー:寺田蘭世、伊藤純奈、佐々木琴子、中田花奈、中村麗乃、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、和田まあや

作詞:秋元康 作曲:CHOCOLATE MIX 編曲:CHOCOLATE MIX

 

堀未央奈 冷たい水の中 評価

「いつのまにか大人になってた」 ミュージックビデオについて、 堀未央奈の卒業ソン ...

乃木坂46 口ほどにもないKISS 評価

「本当の愛だと勘違いしたくなる」 ミュージックビデオについて、 阪口珠美の初セン ...

NGT48 角ゆりあ 評価

「ダンス・ダンス・ダンス」 角ゆりあ、平成12年生、NGT48の第一期生であり、 ...