SKE48 小畑優奈 評価

SKE48

 

View this post on Instagram

 

小畑優奈さん(@yuna_obata48)がシェアした投稿

「清潔な、明かりの心地よいアイドル」

 

アイドルとして正統的で古典的な風格と感性を兼ね備えた稀有な存在である。特に、ビジュアルについては文句のつけどころがなく、そこに漲る清新さは、次世代アイドルという狭い枠組みに収まらず、近代アイドル史において最高到達点と云える。

誰かの耳』において、センターポジションに立つという恵まれた境遇、そこで魅せたパフォーマンスとポテンシャルこそ、彼女がトップアイドルの資質を備えていることへの証になっただろう。この楽曲を世に提供したことにより、アイドル界における彼女の存在感、存在理由は、同年代でありながらアイドル界のトップランナーとして独走をする、欅坂46・平手友梨奈に並んだと確信する。

勿論、不安要素もある。
アイドルとしての「哲学」という観点で、小畑優奈のイデオロギーに対しては貧弱さをどうしても感じてしまう。物怖じしない豪快さと負けず嫌いな性格は観ていて痛快であるが、センターを経験したアイドルたちがステージ上で放つ独特なオーラは感じない。天才と呼ばれる人物がインタビューや映像作品を通じて我々に与える「異物感」を小畑優奈から投げつけられたことは、まだ一度もない。
アイデンティティの確立の際にアイドルが経験する「隘路」という壁を小畑優奈がどのようにして壊すのか、或いは隘路そのものを意識的に看過してしまうのか、現代アイドル史にとって一つの見処になるはずだが、彼女の持つ、ある種の「弱さ」が、その隘路を(この先迎えるであろう自我同一性を獲得する際の苦悩、藻掻きを)深刻なものに変質させるかもしれない。

自分を壊す、自分を殺すってのは、脊髄通して脳まで伝わるタイプの実際の痛みってものさえなかったら、結構皆のやりたがることなのだ。この世にいるのは自分のことが大好きな人間ばかりじゃない。そういう人が好きじゃない自分を壊して殺して新しい自分を求める。今の自分に物足りない、まだまだ自分は未熟だ、このままの自分じゃ駄目だと思う人間もたくさんいるから、そういう人たちも自分を壊して殺して、自分を壊した殺したという経験を経た新しい自分に期待をかける。

(舞城王太郎「阿修羅ガール」)

小畑優奈の成熟へ至る瑞々しい過程は、繁栄を謳歌した時代の栄光を取り戻すのではなく、過去の遺産を毀しながら(自分自身すらも壊しながら)まったく別の、新しい時代の栄光を掴み取る過程でもある。そのような物語はアイドル史に未だ存在しない。
もし、小畑優奈がその物語を書くことに成功するのならば、その光景を共有してしまったファンたちは、ノスタルジックな世界から引きずり出され、体内を駆けめぐる感興がカタルシスへと必ず到達するだろう。

時代が迎えに来る前に先回りして受けて立つための、空想的な物語を語る準備は整いつつある。

 

総合評価 81点

近代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)
ビジュアル 20点 ライブ表現 17点

演劇表現 14点 バラエティ 15点

情動感染 15点

 

・SKE48 活動期間 2015年~

評価点数の見方