NGT48 髙橋真生 評判記

NGT48

髙橋真生(C)NGT48Instagram公式アカウント

「アンダーギルド」

髙橋真生、平成13年生、NGT48の第一期生。
「アンダー」のギルド化を叫ぶ行為により、「アンダー」という役割・立場が自身の演じるアイドルのアイデンティティになってしまった、アイロニカルなアイドル。NGT48のなかにあって独特な存在感を投げるビジュアルの持ち主だが、その笑顔もどこか皮肉的、冷笑的に見える。グループにおけるアンダーメンバーの代表格とみなされるアイドルとは、往々にして、「アンダー」を自身の育むアイドルの家郷と捉える人物と、一刻でも早くこの日陰から抜け出したいと渇望し「アンダー」を他人と扱う人物の二つに大別することができる。髙橋真生のおもしろさとは、後者としての叫びを発しつつ、しかし前者に与する点である。
グループアイドルとして明確なレゾン・デートルを把持するまでに成長したアンダー・アイドルが、しかし自己の存在意義を問わずにはいられないという情況、境地こそ、いや、そもそもアンダーメンバーでありながらアイドルとしての価値を、グループアイドルとしての物語を育んでしまう倒錯にこそアンダー・アイドルのおもしろさがあるのではないか。と、髙橋真生の物語は教えてくれる。

「美しいのはポジションじゃない」、こうしたセリフが生命を保てるのは、「アンダー」にも価値が付されている、という前提があるからだ。しかし価値のあるアンダー・メンバーに、「アンダー」としての、アイドルとしての存在意義があると、はたして云えるだろうか。作詞家・秋元康がグループアイドルのアンダーメンバーへと明確に向けた、アンダーメンバーにアイドルとしての価値、物語があることを、疑う余地のない、あたりまえの前提として無垢に語った乃木坂46・『アンダー』の詩情がアイドルの現在の横顔を穿っていないのは説明するまでもない。『アンダー』の詩情には説得力がない。なぜならば、アンダーメンバーにも存在理由があるはずだ、と希望を問いかけるのではなく、希望をすでにそこにあるものとして捉え、甘やかに語っているからだ。ほんとうの夢をつかもうとする少女にしてみれば、「アンダー」などと呼ばれる場所に希望を見出だせるわけがない。
だが、夢を追いかける少女たちがもしそこに希望や救いを見出してしまうのならば、その収斂こそ「アンダー」のギルド化であり、髙橋真生のようなアイドルの物語をさすのだろう。

怒りというのは、愛や友情では奮い立たせることができない訴求力をもつ。また、格差があればあるほどその力は激しさをいや増す。順位闘争の末、アンダーとして過ごす毎日の暮らしの中で経験する怒りや葛藤を、喜劇を通してファンにあるいは作り手に向け勢いよく投げつけ共闘を誓わせる、衝動的で痛快なキャラクターを作り上げ、バイプレーヤーでありながらとびきりにロマンチックなアイドルを描いたのが髙橋真生なのだが、一方で、そのアンダーとしての存在感、物語性の豊かさをまえにして、研究生の枠組みから脱したのちは、アイドルとしての生命感がひどく希薄になってしまった。
まぶしいスポットライトを浴びる選抜メンバーの相対として映し出されるアンダーメンバー=研究生という構図とその反動を駆使したアイドルの物語の豊穣さ、多様性、ひとつのイロの濃さ、たとえば、選抜メンバーには当たり前に用意されるものがアンダーメンバーには当たり前のように準備されないという不条理に向けた怒りの激しさ、自身の置かれた境遇の改善を訴えるという葛藤のリアリティによって、アンダーメンバーでありながら選抜メンバーと同じ水準の実力を備えてしまうアンダーグラウンド感こそ髙橋真生の魅力なのだが、「アンダー」のギルド化によって手繰り寄せたその光輝は、正統的アンダーメンバーではなくなった瞬間、彼女の内から容赦なく欠落してしまった。
このひとの、アンダーであることの、アンダーが直面する境遇に対する”怒り”はとにかく生々しかった。だからこそファンは触発されたわけである。であれば、研究生を脱却し、正規メンバーへの昇格、ひいては表題曲の歌唱メンバーに選抜されるといった「新しい幕」が上がることを告げる、グループアイドルとして文句なしのストーリー展開、ようするに乃木坂46・『アンダー』の詩情をなぞった物語の達成による興奮が、研究生時代に描いた物語に上積みされるのではなく、研究生時代の物語に包括され、あたらしくかがやくアイドルの飛翔を減衰させてしまったのも、当然の帰結と云えるだろう。自我を模索する過程で、模索劇そのものがアイドルの自我になってしまった、と換言できるかもしれない。
アンダーメンバーであることの困窮をカメラの前で訴え、アンダーメンバーとして多くのステージに立ち、歌い踊ってきたアイドルが、その才能・実力に見合う評価を受け、ようやく表題曲の歌唱メンバーに選抜された。しかし次のシングルの発表を待たずアイドルを卒業してしまった。それはやはり、彼女にとって、アンダーであることが真にアイドルであり、成長への努力、試みであり、選抜メンバーになることが可能性の追求、つまりほんとうの夢への扉をひらく鍵とみなされ、また自身も知らぬ間にそう意識してしまったからだろう。
この、髙橋真生の横顔から学ぶべきは、
「アンダー」なる場所は、アイドルとしての立場、居場所ではあるけれど、価値や郷愁を見出すべき場所ではない、という教訓になるだろうか。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 13点 ライブ表現 12点

演劇表現 8点 バラエティ 12点

情動感染 12点

NGT48 活動期間 2015年~2018年

引用:「」秋元康/アンダー

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...