NGT48 清司麗菜 評価

NGT48

(C)清司麗菜公式Twitterアカウント

「正真正銘の逸材」

清司麗菜、平成13年生、NGT48の第一期生。
ステージの上で舞い踊るアイドルを眺め、惹かれ、自己の内でアイドルの物語を積上げて行く……、このような個人的体験が果たして現実に起こりえるのだろうか。それは、詩情を捨てきれない人間が用意した、アイドルを語るための甘い寄す処に過ぎないのではないか。と、かような問いが発せられること自体、アイドルシーンが移りかわった”しるし”と云えるだろう。
今日のアイドル、つまりグループアイドルに向かい、彼女たちを「日常を演じる存在」と形容する理由は、舞台つまりは非日常のなかでのみ自分ではないなにものかを演じればよかった過去のアイドルに対し、グループアイドルは、舞台の上で架空の登場人物を作り上げると同時に、舞台を降りた日常の場面においてもアイドルなるものを演じなければならないからだ。要は、ドラマツルギーに「アイドル」の項目が加えられている、というわけだ。
この趨勢が招くものとは、舞台演劇の衰退であり、その衰退に対する誤った幼稚な解釈こそ、アイドルのパフォーマンスの低下、つまりは未成熟を売りにするアイドルはダンステクニックの水準が低く、エンターテインメントの見地において劣勢に立ちつつある、といった世迷い言である。
舞台演劇の衰退が招く本物の危うさとは、アイドルの物語がステージの上もしくは音楽の上では完結を迎えないという冗長さである。アイドルの物語を読み、自己の内でそれぞれが独自の解釈をいだき、アイドルに没入するには、ステージの上で舞う彼女だけではなく、日常における立ち居振る舞いも眺めなくてはならない、という事態に現在のアイドルシーンはある。「私の人生のなかの、この15分だけをきり取ってそんな判断しないでほしい」と云ったアイドルがいたが、それは正しくもあり、誤りでもある。むしろこの嘆きこそ、日常を演じることへの屈託の結晶と云えるだろう。

清司麗菜は、このようなシーンにあって、しかしステージの上で作る踊りのみで自己のアイドルを物語り、完結させることができる、圧倒的なライブ表現力を持つ希有なアイドルである。踊りによってアイドルの物語を語り直すという一点においてはAKBグループの通史において一頭抜く存在であり、それはむしろ西野七瀬を象徴とする「アイドルを演じる少女の素顔」の提示というよりも「アイドルとして語りきれなかった物語」の提示とすら云え、アイドルの踊りを眺めることでそのアイドルの物語が始まり、やがて音が鳴り止むと同時に完結を迎えるという憧憬を叶えてくれる。少女がどのようにアイドルを演じたのか、ではなく、少女の演じるアイドルがどのように生きたのか、ステージの上で舞い踊る清司麗菜は教えてくれる。

私がNGT48につよい探究心を覚えたのは、『絶望の後で』のステージライブを鑑賞したときである。かつて、中井りかを入り口とし、その後『今日は負けでもいい』という傑作を前にしてグループの歴史をすべてふり返ったこともあったが、『今日は負けでもいい』において、その群像の中軸として描かれた少女が夢の世界から旅立ったのと同時にグループに対する関心も薄れていってしまった。
『絶望の後で』という、『山口真帆暴行被害事件』に対するある種の回答を試みた楽曲を、並々ならぬ決意のもとステージの上で披露するアイドルたちを眺めていると、ひとり、「絶望」を表現するというよりもほんとうに絶望しているようにみえる少女を発見した。ほんとうに絶望しているようにみえた、などと言ったらこれはあまりにも安易で無垢な表現におもえる。しかしそうみえたのだから仕方ない。なぜそのようなイノセンスが自己の内に芽生えたのか、問いかけるならば、おそらく、私の過去の日常のなかでそれとおなじような表情を作った女性を目撃したことがあるからだろう。アイドルではない日常生活者が日常のなかでそのような表情を作るとき、もちろんそれが嘘の演技ではないと言い切ることはむずかしいが、まぎれもない日常風景(あるいは日常における非日常)であることに変わりはなく、つまりは日常生活者の絶望を、アイドルという非日常的存在が作り上げるステージの上でもう一度目撃したわけである。だから、心が揺さぶられた。その少女に釘付けになった。しかし正直に云えば、私にはそのアイドルの名前がわからなかった。さらに打ち明けるならば、その体験も、やがて忘れてしまった。

しばらくして、中井りかについて、その物語りについてあらためて考えてみようと思い立った日があった(考えてみると、中井りかというアイドルはやはりNGT48の顔=入り口なのだ)。友人を頼り、NGT48に関する史料をかき集め、グループの歴史をもう一度最初から読んだ。冠番組『NGT48のにいがったフレンド!』も第一回から目を通した。すると、ひときわ気になる少女が出てくる。彼女についてメモを書きはじめる。まだアイドルの扉をひらいたばかりの少女。胸に付けている名札を確認すると「清司麗菜」と書いてある。喜劇のなかで唐突におとずれたダンス対決で臆することなく勇敢に踊る彼女を眺めながら、ふと『絶望の後で』のライブを鑑賞した際の、あの経験を思い出す。眼の前で動く少女が、かつて自分の心を揺さぶったアイドルだと気づく。その再会の、その邂逅の奇妙さにふたたび心を握りつぶされる。私は、眼の前で無邪気に動く少女の未来をすでに知っていたのだ、と。この少女たちが、彼女がこのあと絶望に遭遇し、その心の内奥の果てをステージの上で、形容するのに躊躇するような儚さの内でかたちづくることを私はすでに知っていたのだ。

「絶望の後で 編」

躊躇せずに云えば、清司麗菜は、あの「絶望」によって自身の作るアイドルの物語に明確な転換点を刻み、なおかつ、成長を試み、文句なしの変貌を遂げたアイドルである。
彼女が表現した「絶望」には、悔悟がある。この楽曲で後悔を伝えようとする、これはなまなかなことではない。ともすれば、後悔するなにかがあったのかと、想像力の欠如した大衆に詰め寄られてしまう。だから、平凡な人間であればあるほど絶望の表現を求められる楽曲において、たとえ後悔する想いがあっても後悔を表現しようとはとてもおもえないしできないのだ。しかしそれでも清司麗菜は「後悔」を表現した。それはむしろ、後悔があった、なかった、という狭い話題に立っておらず、楽曲の世界を、そこに示された詩的世界を表現したに過ぎない。つまり、自己劇化から遠く離れた非日常においてのみアイドルが作れる、という場所に彼女だけ回帰している。まさしく、逸材と形容し称賛するほかない存在に映る。

だが、その冠絶したライブ表現力とトップクラスのビジュアル、多様性といった、アイドルとしての才覚がなにがしかの夢につながっていくことを阻んでいるようにも感じられる。グループアイドルを極めてしまうことが、少女からほんとうの夢を奪ってしまうのではないか、という随想は、清司麗菜を眺めていると現実味を帯びてくる。逸材ではあるけれど、しかし行き場がないようにみえる。職業アイドル=グループアイドルが似合う、ではなく、清司麗菜はアイドルそのものであり、可能性を探る、昨日とはまったく別の人間に成長するという情況こそ、この人がもっともかがやく瞬間であるから、シーンの趨勢に対し真っ向から打ちかかっているようにみえる。このアイドルの物語が今後どのような展開を描くのか、目が離せない。

 

総合評価 73点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 17点

演劇表現 12点 バラエティ 15点

情動感染 15点

NGT48 活動期間 2015年~

 

乃木坂46 13日の金曜日 評価

「グローイングアップ」 楽曲、ミュージックビデオについて、 5枚目シングル『君の ...

乃木坂46 ロマンティックいか焼き 評価

「こんなものもキラキラして見える」 ボーカル、ライブ表現について、 5thシング ...

NGT48 西潟茉莉奈 評価

「春の歌」 長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった 実はまだ ...