NGT48 小熊倫実 評価

NGT48

小熊倫実(C)ウォーカープラス

「大人になる前に」

小熊倫実、平成14年生、NGT48の第一期生。
グループの「正統」としてファンから熱烈な支持を受けている。
まず、やはりビジュアルが良い。小畑優奈を想起させる瑞々しいルックスや、アイドルとしての古典的な立ち居振る舞い、仕草には胸躍るものがあり、丹色の象徴として文句なしの存在感を放っている。同業者からの評価も高い。デビュー時、グループの最年少でありながら、すべての表題曲で歌唱メンバーに選抜され、なおかつ、劇場公演にも立ち続け、ファンともっとも近い場所で踊り続けていることからも、正統的存在、たたき上げのアイドル、と云える。ビジュアル、ライブ表現力、共にトップクラスと評価できるだろう。とくにダンスについては類を絶した魅力があるようにおもう。首の傾げ方ひとつとってもきわめて独特であり、ステージ上の立ち居振る舞いは別格にキュートである。NGT48は踊りが良いグループだが、そうした評価に小熊の貢献があるのはまず間違いない。
可能性を探る、という観点においては、まったく文句のつけようがないアイドルにみえる。しかし、その「可能性」をまえに、ファンだけではなく、アイドルを演じる少女本人も、いずれは現在の境遇、あるいはアイドルの物語の展開では物足りないと感じる時が来るのではないか。

小熊倫実というアイドルのイメージを裏切るかもしれないが、このアイドルは日常の演技が巧みである。自分ではない別の誰か、を作るという行為に対し意識的に見える。たとえば、彼女がセンターを務めた『大人になる前に』を今日あらためて眺めると、楽曲やその映像世界のなかで動く「小熊倫実」が、現実世界における小熊倫実と錯覚され、作り手が彼女のことを仔細に眺め写実したのではないか、容易に想像してしまう。それは、アイドル自身が、与えられた作品世界の登場人物になりきろうと試み、楽曲に触れたその瞬間から演技を作りはじめた、工作の奏功と云えるだろう。

ずっと子どもでいたいよ(まっさらで)
現実を見たくない(さよなら)
汚れていく自分なんて
絶望するだけ
僕は馬鹿で構わない(このまま)
賢くなりたくない(愚かでいい)
ずるいことを
するくらいなら
遠回りさせてくれ

大人になる前に / 秋元康

このイノセンスに満ち溢れた詩情は、アイドルを透過した際に立ち現れる偶像に清廉潔白がそなわっていることを確信させる。たとえば、『魔女の宅急便』の主人公の”キキ”、彼女はある朝、突然魔法のちからを失ってしまう。それは”キキ”が、大人と少女を隔てる、その両極の中心にぽっかりと空いた、底の見えない深い裂け目に落ち込んでしまったからではないか。おそらく、多くのアイドルファンがアイドルに無意識あるいは意識的に求める姿形とは、魔法のちからを失う前の、無垢に空を飛び回る、箒にまたがった”キキ”である。小熊は、一貫してこの”キキ”を演じきっている、と云えるだろう。
これまでにも繰り返し述べてきたが、性格とは、生活によって作られるものである。『大人になる前に』の主人公を演じた14歳の少女が、少女なりに楽曲の解釈に真剣に取り組み、作詞家・秋元康の啓蒙に触れ、アイドルを作り続けてきたのだから、現在の小熊倫実が文句のつけどころのない、古典的な、王道を歩むアイドルに見えるのも宿命的な結実と云えるわけである。
ただし、一つの解釈にみずから束縛されているようにも感じる。表情一辺倒で起伏がない。彼女の横顔がピックアップされたワンシーンを、なにかのきっかけで眺めれば、たしかに目を引くものがある。並ではない存在感がある。あるが、それ以上心を揺さぶられるものがないようにも思う。それは、ステージの上でも、絶望の後でも変わらない。

「絶望の後で 編」

ステージの上で歌い踊る小熊倫実を鑑賞し、そのやわらかな身振り手振りと独特な低音ヴォイスを前にして気づくのは、アイドルが楽曲に、音に触れた際、自己の内側からにじみ出てくるもの、要は楽曲の働きかけによって演者がなにを獲得し、なにを失ったのか、個人の内面が避けようがなく描かれる、という個人的体験の共有の乏しさである(そもそも、可能性を探る、という土台の上で踊りを作るグループアイドルに向け、このような、やや過剰とも思える期待感を抱いてしまうのは、NGT48というグループのなかでアイドルを演じ、歌い踊る少女たちが次々と、アイドルとしての、いや、あるいは、もしかすると人としての成熟と喪失を描き始めているからである)。
つまりは、『絶望の後で』のあとで、小熊倫実というアイドルがどのような転換点を刻んだのか、窺うならば、それはやはり「自縄自縛」だろう。第一期生でありながらグループの未来の子どもと扱われ、正統的存在と期待される少女は、グループが絶望に直撃したことで、ファンの心の寄す処になってしまったのだ。多様性の発揮が許可されない息苦しい状況のなかで、ファンの期待を一身に担う少女が、これまで以上に”キキ”を演じなければならない、と誓い、少女と大人の間隙でもだえられず、少女のままであり続け、アイドルの横顔が平板なものになってしまうのは、これもまた当然の結実、いや悲劇と云えるだろう。

グループアイドルを語る際に、アイドルが大人になる、というのは往々にしてアイドルの卒業を意味するわけだが、現在のシーンにあっては事情が異なるようだ。アイドルが大人になる=成長をするとき、それは、ほんとうの夢をつかむために次の別の世界への扉をひらくといった光景を指すのではなく、アイドルでありつづけるという姿勢であり、その姿勢をとることを許されたアイドルを、グループアイドルとしての成功者と呼ぶようだ。もちろん、小熊倫実もこの岐路に向かって行進しており、いずれは、ほんとうの夢に対する選択を強いられるはずだ。その際に彼女がどちらを選択するのか、なかなか興味深い話題が置かれている。
興味深い、と云えば、後にAKB48の救世主とまで呼ばれることになる矢作萌夏の魅力を、小熊は、同い年でありながらオーディション段階で見出していた、というエピソードはなかなかおもしろい。

 

総合評価 61点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 15点

演劇表現 12点 バラエティ 8点

情動感染 12点

NGT48 活動期間 2015年~

引用:見出し、大人になる前に / 秋元康

2021/09/09  ライブ表現 14→15  情動感染 9→12

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...