AKB48 本間麻衣 評価

AKB48

本間麻衣 (C)755,AKB48 研究生 本間麻衣のトーク

「革命の本命」

本間麻衣、平成14年生、AKB48の第十六期生。
まさしく大器であり、「次世代」のホープである。清爽で端正な風貌と、繊細で旺盛な好奇心の持ち主であり、索漠・斜陽の気配を伝えシーンの表通りから姿を消しつつあるAKB48のなかにあって、そのような境遇を物ともせず、むしろアイドルのアドヴァンテージにすり替えてしまうような胎動をデビューから一貫して描いている。
まず特筆すべきは、やはり彼女のアイドルを演じる姿勢=レット・イット・ビーへの実践意欲にあるだろう。アイドルを演じること、というよりは、生きることそのものに対する好奇心と探究心に満ち溢れた少女であり、少女の日常の機微をありのままに提示してしまうという点は、デビュー当時の生田絵梨花を想起させる。常識からはずれたところに向けられるイノセンスには、格別なユーモアを感じる。これからなにか途轍もない物語がはじまるのではないか、という胎動の手触りがたしかにある。
この未完の大器が伝える「胎動」の揺れが過褒やクリシェと対峙しないのは、アイドル・本間麻衣の破顔に宿るアイドルの物語性に、伝統が内在するからである。なぜ彼女の笑顔に惹かれるのか、それは彼女の笑顔が進化やハイブリッドといった近距離をなぞる範疇にあるのではなく、雲井浪子(宝塚歌劇団)の系譜に立つ小嶋真子の笑顔、ひいては本間日陽の破顔と共時する「古典」だからだ。
たとえば、八重歯の消滅に対する余韻、これはアイドルの概念としてのノスタルジー、つまりは主人公感のしるし、その裏返しであり、よりオーソドックスな歓呼として迎えられるべきものだろう。つまりそれは、シーンの縮小の完成を前にして、むしろそれを自身の成長への猶予期間の終わりを告げる鐘の音と扱ってしまうような笑顔=物語性であり、なにかがおわることを、成長への広大な空白が埋められていく光景にすり替えてしまう点は、村山彩希の笑顔とつよく結びつき呼応している。まさしく本間は、AKB48の歴史、グループアイドルの通史を読むファンに感興を与えるであろう”発見”の要件の数多くを満たす稀有な登場人物であり、この空中に漂ったままの逸材が、グループの歴史の本流に合流する瞬間こそAKB48の新時代の幕開けと云えるだろう。

第十六期生はAKB48の歴史の本流、つまり前田敦子とは無縁の世代である。グループの立役者と有機的に結びつかない。しかしAKB48が国民的アイドルの座に押し上げられた後に集合したこの19名の少女が映し出す未熟さ未完成さ、アイドルとしてどこか期待できないという失望感は、不完全な群像劇を描いた第一期生の胎動と遠く響き合っており、皮肉にも、AKB48がカフェテーブルの上で物語を書いた頃の、グループが過去も経験も何も持っていなかった頃の、アイドルシーンを真正面から戦い抜いた頃の面影と密着しているのだから、おもしろい。十六期生の頼りなさ未熟さには、アイドルグループの立ち上げメンバーにだけそなわる希求力のようなものの片鱗がたしかにある。そうした群像の渦の中、バイプレイヤーを演じながら、しかし体験や経験に縋らない主人公を描いているのが本間麻衣なのだ。

本間は、研究生の身でありながら卒業への予感(クリティーク)を常に浴びつづけたアイドルの一人であり、ともすれば、研究生でありつづけることが彼女のアイデンティティだと扱われてしまったが、研究生から正規メンバーへと昇格したその日まで、ある日突然真っ白なシーツに包まれて上空の彼方へ消失するかもしれない、という予感、心の揺れ、防ぎようのない風を感じたことは一度もない。ダンスパフォーマンスに追随する表現力の拙さ、おぼつかない踊り、線の細さが、徒労の繰り返しを反故する緊張感の欠如と重なり貧弱なアイドルを映し出し、それがグループの伝統に対する致命的な裏切りだと安易に判断される点に、卒業への予感や期待といった揶揄を買う理由があるのかもしれない。だが、この致命的な誤解であろう揶揄を前にした本間麻衣の横顔に、むしろ愉快さ、頼もしささえ感じてしまう理由は、彼女が投げ続けられる揶揄を安易に暗黙化せず、屈託や偏執、メランコリックへ傾倒せずに、「C’est la vie」と呟くように笑って達観するからだ。些末な日常風景の内に、精悍で怜悧な登場人物を構成し、さらには、少女特有の傷つきやすさを束縛しようとする立ち居振る舞い、常に機嫌の良さを見失わない仕草を描くため、シーンを生き抜く強さと根拠を握らせる。アイドルと成った事実を奇跡との遭遇だと実感し、歓び、感謝する本間麻衣の笑顔には、ファンがアイドルとの成長共有を約束できる、ある種の信頼感すら受け取る。
あるいは、ファンから揶揄や誤解を投げつけられてしまうという攻撃誘発性こそ、彼女のアイデンティティと呼べるかもしれない。

熊太郎は、俺はどうも頭のなかでひとつのことをずっと考え過ぎんにゃ、と思っていた。
熊太郎は、たとえばこの、と目の前の牛を連れた駒太郎を見て思った。
熊太郎は駒太郎を改めてみた。駒太郎は橋の上に立ち牛を連れ、早くようじょこに行きたいなあ、というような顔をして、そして言った。
「熊やん、おまえも百姓してんにゃったら覚えとき。ようじょこちゅうたらな牛の爪切るこっちゃ。ほなわし急くよって行くで」
ほらね。と熊太郎は思った。
駒太郎はまず頭で早くようじょこに行きたいなあ、と思った。そして早く行きたそうな顔をした。そして言葉で「早くようじょこに行きたい」と言った。つまり駒太郎においては、思いと言葉がひとすじに繋がっている。思いと行動が一致している。ところが俺の場合、それが一致しない。なぜ一致しないかというと、これは最近ぼんやりと分かってきたことだが、俺が極度に思弁的、思索的だからで、つまり俺がいまこうして考えていることそれを俺は河内の百姓言葉で現すことができない。つまり俺の思弁というのは出口のない建物に閉じ込められている人のようなもので建物のなかをうろつき回るしかない。つまり思いが言葉になっていかないということで、俺が思っていること考えていることは村の人らには絶対に伝わらないと言うことだ。
…俺の思いと言葉と行動はいつもばらばらだ。思ったことが言葉にならぬから言葉でのやり取りの結果としての行動はそもそも企図したものではなく、思いからすればとんでもない脇道だし、或いは、言葉の代替物、口で言えぬ代わりに行動で示した場合、そもそもその言おうとしていること自体が二重三重に屈曲した内容なので、行動も他から見れば、鉄瓶の上に草履を置くとか、飯茶碗を両手に持って苦しげな踊りを踊るといった訳の分からぬこととなって、日本語を英語に翻訳したのをフランス語に翻訳したのをスワヒリ語に翻訳したのを京都弁に翻訳したみたいなことになって、ますます本来の思いからかけ離れていくのだ。
といったようなことを熊太郎は考えたが、このことはどういう結果を招いたか。一言で言うと熊太郎に対する村人の軽蔑を招いた。
村人からみれば熊太郎はごく簡単な、あほでもできることができぬ大たわけであった。
例えばトラック競技をしているとすると、村の人はなにも考えずに走っているのだけれども、自らの思弁を現す言葉を持たぬ熊太郎は、暗黒舞踏を踊りながら走っているようなもので、その内面の事情を知らぬ人から見ればアホにしかみえなかったのである。
そして大抵の場合、他人の内面など分かるはずがないから熊太郎はアホの無能だと思われていたのである。

町田康 / 告白

本間麻衣はモノローグを仮装した対話を好むアイドルである。自己が抱く感性や視野の独自性と独立を、ひとつの”倒錯”として錯覚しながら展開する彼女の即興劇、エピソードの披露には、豊かな感情の風圧があり、退屈することは一度もない。ようするに、話がおもしろい。ファンに対してはとびきりに能弁に振る舞い、彼女は本当に嬉しい時に”本当”に笑うから、ファンもそれをみて本当に笑う。
一方では、語彙と想像力のバランスが不安定で、思弁による問いを仲間のアイドルと共有する際の悪戦苦闘と孤独感は、質問をしても欲しい答えが返ってこないの、と悩みバスタブの中で涙するパリの女学生のような、あるいは『告白』の熊太郎のような葛藤に映る。その悩める少女のほんとうの話し相手に選ばれるのが、ほかでもない、アイドルを演じる少女とはすこしだけ別の世界に暮らす、彼女のファンである。”推し”の抱える疑問に、アイドルからの切実なしかしどこか愉快な問いかけに対し、ファンがしっかりと答え、それを吸収して成長するアイドルの横顔を目のあたりにする……、その豊穣な体験は、アイドルという偶像を描いた絵画への鑑賞者的な視点ではなく、予言と見間違う文学(人間の本質を突く感性)の露出との遭遇であり、ファンは避けて通ることのできない共存、共鳴が手元に舞い降りている事実に気付かされる。
また、センテンスのおわりに唐突に置かれる間、それが進行するドラマツルギーを自覚したために招いた躊躇ならば、語りの展開作りに意識的な人物と云え、妄信的ではあるが、演劇に対する可能性を身勝手に描かせる。つまり、彼女に対するこのようなやや過剰にもおもえる没入こそ、まさしく情動の支配であり、彼女を眺める人間は、批評空間における時代の虜に陥り、判断力に眩暈する。情動の魔法が解け、覚醒が不意に訪れ、彼女の”純朴”を再認知すると、これまでに読み、描いた偶像の堆積が崩れ、振り出しに戻って落胆するのだが、すぐにまた幻想を再構築したくなる欲求への希求力を本間麻衣というアイドルは発揮するのだから、興趣が尽きない。おそらく、このループ、”寝ても覚めても”こそ、本来の緑豊かな物語=ノスタルジアなのだ。

平成の終わり、令和の始まり。現在(いま)、あらためてグループを見渡すが、胎動=資質の観点においてこの本間麻衣を凌ぐ人物を見出すことはできなかった。本間麻衣は現在のAKB48の境地をよくあらわしたアイドルにおもう。たとえば「本間麻衣」を未完の大器のまま腐らせてしまうのがAKB48ならば、「本間麻衣」を飛翔させるのが乃木坂46なのだ、というファンチャントは贔屓の引き倒しなどではなく、現実味のある「IF」と扱うべきだろう。つまりそれは彼女がAKB48の救世主や切り札といった特効薬的な英雄ではなく、グループの通史そのものを次の時代に移行させる、ニューゲームの開始を告げる革命の本命であることを教えている。

 

総合評価 66点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 6点

演劇表現 13点 バラエティ 16点

情動感染 16点

AKB48 活動期間 2016年~2021年

2020/03/02  加筆しました、ライブ表現 5→6
2021/08/18  加筆、修正しました

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...