HKT48 大人列車 評価

HKT48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

Sakura Miyawakiさん(@39saku_chan)がシェアした投稿

「大人列車」

 

歌詞については、詩的表現を採用しているが、試みがうまくいっていない。「悲しみの克服」へ至る過程の説明、動機の描写から逃げるために詩的表現を取り入れたのではないか、と思えてしまうほど、表現が稚拙である。レイモンド・カーヴァーの『大聖堂』など、列車や駅のホームを題材にした文芸作品は多い。「列車」という自己の意思とは無関係に移動をする筐体とは、作家にとってメタファーを付与しやすい対象に映るのだろう。その点からうがっても、この歌詞は企みが成功していない。

映像作品については、アイドルのアップの多用、唐突に映し出される歌詞…。アイディア不足や自己模倣といった評価にすら届かない、これは、つくり手の資質不足としか云いようがない。

 

総合評価 32点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 6点

ボーカル 10点 ライブ・映像 2点

情動感染 4点

 

歌唱メンバー:秋吉優花、穴井千尋、多田愛佳、兒玉遥、駒田京伽、坂口理子、指原莉乃、田島芽瑠、田中美久、冨吉明日香、朝長美桜、松岡菜摘、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか、矢吹奈子

作詞 : 秋元 康  作曲 : 外山大輔  編曲 : 野中“まさ”雄一

評価点数の見方