AKB48 スカート、ひらり 評判記

AKB48, 楽曲

(C) スカート、ひらり ジャケット写真

「スカート、ひらり」

2枚目のインディーズ作品。平成が終わり、令和が始まったいま、あらためて聴くと救いようがないくらいに古臭い。一方でおなじ2006年にリリースされた『桜の花びらたち』や『会いたかった』には『スカート、ひらり』のような古臭さはない。それはやはり『スカート、ひらり』はグループの知名度を上げるための特効薬として、その役割を担うためだけに制作された楽曲だからだろう。
AKB48において”はじめて”メンバーの「選抜」が実行された表題曲でもある。選抜メンバーは7人。この「7」という数字がその後のAKB48から連なるグループアイドル史に特別な意味をもたらしたのは云うまでもない。

 

総合評価 36点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 7点 歌詞 6点

ボーカル 5点 ライブ・映像 8点

情動感染 10点

選抜メンバー:板野友美、大島麻衣、小嶋陽菜、高橋みなみ、中西里菜、成田梨紗、前田敦子

歌唱メンバー:板野友美、浦野一美、大江朝美、大島麻衣、折井あゆみ、川崎希、小嶋陽菜、駒谷仁美、佐藤由加理、篠田麻里子、高橋みなみ、戸島花、中西里菜、成田梨紗、平嶋夏海、星野みちる、前田敦子、増山加弥乃、峯岸みなみ、渡邊志穂

作詞:秋元康 作曲:岡田実音 編曲:梅堀淳

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...