乃木坂46 言霊砲 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)乃木坂46

「神様は誰の見方?」

歌詞、楽曲について、

「神様との賭け」とは、イノセントを通過する際に経験する遊びである。本谷有希子だったか、川上未映子だったか、処女作で同様の文章を書いていたと記憶する。そのような観点では、新鮮で、文学的で、興味深い詩的世界と感じる。ただし、レコーディングという「作業」に楽曲が足を引っ張られ、楽曲の提示する詩的世界に融和しようと試みるアイドルを拒絶している、と感じる。無感動だ。辛うじて、個が生かされているのは大園桃子と与田祐希の二人。残りの二人は足跡を故意に消されている。

 

総合評価 48点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 13点

ボーカル 7点 ライブ・映像 7点

情動感染 11点

歌唱メンバー:大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希

作詞:秋元康  作曲:Ryota Saito、TomoLow  編曲:TomoLow、Ryota Saito

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...