乃木坂46 雲になればいい 評価

(C)めざましどようび/フジテレビ

「時には心も動かなくなるんだよ」

楽曲、歌詞について

、バランスはとれているが、まず大前提として、ありきたりというか、陳腐である。同じカテゴリーの楽曲ならば「ワタボコリ」のほうが完成度は高く、文学的である。この楽曲はエンターテイメントの範疇である。これを聴いて、感動したり、心が動かされるということがあるとすれば、それは作詞家が想像(創造)する世界のなかでの出来事といえる。

ボーカル、ライブ表現について、

グループの中でも歌唱力に定評があるアイドルによる楽曲、という触れ込みであった。しかし、メインボーカルである生田絵梨花の高音のクセがどうしてもネックに感じてしまうのは私だけだろうか。楽曲のテーマ、コンセプトから、身に纏わなければならないはずのノスタルジックな雰囲気の付着を、この高音が、虫除けスプレーを全身に振りかけたように、楽曲全体をバリアーしている。聴いていて、疲れる。この楽曲にとって、視聴に対し、ある程度の心構えが必要になる、というのは存在理由としての倒錯が起きているのではないか。穏やかな日常のなかに、すきま風のように、自然と流れ込んでくる楽曲になるはずではなかったのか。
結局のところ、生田絵梨花の高音を長所として捉える限りは、どんな楽曲も、どんな表現を試みようとしても、生田絵梨花と心中する覚悟がいる、ということなのだろう。

 

総合評価 68点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 16点

ボーカル 14点 ライブ・映像 14点

情動感染 10点

歌唱メンバー:生田絵梨花、衛藤美彩、桜井玲香

作詞:秋元康  作曲:丸谷マナブ  編曲:丸谷マナブ

シングル収録トラック: Against 雲になればいい 新しい世界 スカウトマン トキトキメキメキ 言霊砲

評価点数の見方

乃木坂46, 楽曲