NGT48 佐藤海里 評価

NGT48

佐藤海里(C)NGT48公式twitterアカウント

「エインシェント」

佐藤海里、平成12年生、NGT48のドラフト3期生。
この人もまたアイドルの物語に「特筆」を持たない。だが同期の面々と比較すればアイドルとして安定しており、可能性を秘めているように感じる(この可能性とはアイドルにおさまらずアイドルの次に見るであろう夢にも通じていると思われる)。まず、ビジュアルに個性があり、なかなか素朴にみえる。耽美に陥っていない。きっぱりとしていて日常の端々に率直さを受けとる。多様性もあるし、踊りもスタイリッシュで魅力がある。キラキラとしている、というエインシェントな形容がよく似合うアイドル。デビュー当時、喜劇の一場面で垣間見せた、自己の想像力だけに頼ってなにものかを語り尽くそうとする彼女の熱量が、早くも掴みつつあったキャラクター性が「落語」への挑戦につながった展開も面白い。「口語」は落語の強い働きかけによって誕生したものだから、「口語」への熱量を見せた彼女が「落語」に挑戦するというのは、落語にそなわる親近感をより際立たせ、愉快に感じる。もちろん、安易に「落語」への展望を見たと云っているわけではない。アイドルを演じる少女が様々な分野に足を踏み込み、自身の可能性がどこに転がっているのか発見しようとするスリリングさ、アイドルの行動と資質に社会が呼応し動き出すという光景への感興である。
ただ現時点ではこうしたきわめて表面的な経歴をなぞることでしかアイドル・佐藤海里を他者に向け語ることができず、アイドルガイドという体裁はとれるものの、強い妄執をもってその価値を語る、信じる、という伸長はない。その理由を、境遇に恵まれていないからだ、と云ってしまったら身もふたもないのだが、彼女の場合はそう表現するほかないように思う。

 

総合評価 55点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 12点 ライブ表現 11点

演劇表現 10点 バラエティ 12点

情動感染 10点

NGT48 活動期間 2018年~

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...