NGT48 安藤千伽奈 評価

NGT48

安藤千伽奈(C)日刊スポーツ

「ツインズ」

安藤千伽奈、平成13年生、NGT48のドラフト3期生。
アイドルとしての輪郭をほとんど持たないが、一部の熱烈なファンから支持を集めている。好悪がはっきりとわかれるアイドル、ということなのだろうか。ただ凡百のアイドルよろしく彼女もまた耽美に取り憑かれてしまったようで、熱烈なファンを獲得した当時の瑞々しさ、溌剌さを現在の「安藤千伽奈」から見出すことは困難におもう。「少女」の面影を持っていない。また、安藤はダンスを得物とするアイドルらしい。たしかにステージ上で踊る安藤の横顔には(SKE48ひいてはSTU48的とも云える)踊ることへの自負がうかがえ、それなりに完成されているように見える。だがテクニック、表現力、いずれも小ぶりで、たとえば門脇実優菜のような批評への原動力は望むべくもなく、踊ることによってアイドルを物語ろうとする意志、スリリングさといった話題からは遠く離れており、ダンス経験(地下アイドルとしての経験)があるからそれなりに踊れるアイドル、といった印象は拭えない。
事実、オーディション時に作った話題を最後に、グループ加入後は話題性に乏しく、それはつまりアイドルの魅力の乏しさそのものを浮き彫りにしている。「ドラフト制度」の功罪として、グループの歴史の正統さの毀損と、もしこのアイドルが自分の応援するグループに加入していたら、という尽きないアナザーストーリーへの希求がある。つまり、別のアイドルグループに所属するアイドルでありながらそれなりに関心を持ち続けることを可能とし、アイドルの物語に進展があればその話題に参加しやすい、という状況にファンは置かれる。安藤も当然そのような境遇にあるわけだが、しかし安藤の場合、まったくと云っていいほど話題がない……、やはり魅力に乏しいとするほかない。
このアイドルは、日常を演じるという点できわめて浅薄に見える。日常生活においてはお芝居をする必要などない、アイドルを作るのはステージの上に限る、という強い意識を持っているならば文句なしだが、安藤の場合、日常においてもお芝居をしなければならないと心がけつつ、しかしそういった意識を持っているという情況で満足してしまうのか、結局、日常を演じることができていない。観客の前に提示される「アイドル」に一切のケレンがなく、「アイドル」がいつかは失われてしまうことへの儚さを描出しない。幸運にもあの「絶望」と情報的に無縁であった少女が、絶望の後もそのとおり無縁をつらぬくというのは、グループの歴史、物語から径庭した振る舞いに見え、過去からなにも学んでいないのではないか、とがっかりさせられる。つまり「成長」がなおざりにされているように見える、ということだ。自分の立ち居振る舞い、日常の仕草を眺めたファンが何を思うのか、どう感じるのか、どう傷つくのか、配慮に欠けているように見えるのはなぜだろうか。アモールから遠ざかった存在であり、可憐さ、雄々しさ、共に乏しい。たしかに感情をむき出しにする瞬間もあるが、むしろそれがアイドルの顔を硬直させており目にあまる。日常の機微に意識的になり、日常の些細な出来事のなかに奇跡を見出し物語を作る、という姿勢をとれなければ、やはりアイドルに物語性が付すことはないのだろう。

 

総合評価 40点

辛うじてアイドルになっている人物

(評価内訳)

ビジュアル 6点 ライブ表現 10点

演劇表現 7点 バラエティ 9点

情動感染 8点

NGT48 活動期間 2018年~

   

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...

STU48 ヘタレたちよ 評価

「ヘタレたちよ」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 7枚目シングル。セン ...