日向坂46 キツネ 評判記

日向坂46(けやき坂46), 楽曲

(C)キツネミュージックビデオ

「光る真実」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

『JOYFUL LOVE』『キュン』『ドレミソラシド』『キツネ』をひとつの連なり、物語と捉えるならば、『キツネ』が一番輝いて見える。アイドルの現在(いま)を描く、というよりも、今の”彼女たち”にしか出来ない演劇が示されており新鮮に感じる。『キツネ』は、グループが成熟を迎え、アイドルが大人になってしまったら、途端に色あせ、アイドルにとってもファンにとっても滑稽に思えてしまう楽曲ではないか、とおもう。それはやはり、少女が自分ではない何者か=アイドルを演じること、つまり嘘を作ることへの意識の有り様が前向きで、健気であり、その前提がアイドルとファン共に守られ、『キツネ』がそれを表現し、記録しているからである。
なによりも、『キツネ』はダンスが良い。四角い一枚の板の上でアイドルのダンスだけを見せる、という構図を持った作品は、実は少ない。ただアイドルを踊らせればいいだけなのに、なぜそれができないのか。不思議なもので、凡庸な作家であればあるほど、不必要なケレンを加えたがるものなのだ。シンプルにただ踊りだけを見せる、この構図を実現するには突き破らなければならない壁がある、ということなのだろうか。ならば、(多少の場面展開はあるものの)今作品はそれを見事に達成している。

 

総合評価 62点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 12点 歌詞 13点

ボーカル 12点 ライブ・映像 13点

情動感染 12点

歌唱メンバー:富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの、井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒

歌詞: 秋元康 作曲:原田雄一 編曲:原田雄一

 

日向坂46 4期生のお披露目動画と「ブルーベリー&ラズベリー」の感想

「似ているような 全然似ていない」 日向坂46に「4期」が誕生した。数えると、1 ...

アイドルの可能性を考える 第十三回 丹生明里 編

「無垢なアイドル、という倒錯の魅力」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの ...

ブログを始めて4年経ちました

「もうひとりの自分」 「アイドルの値打ち」を立ち上げてから4年が経った。4年経っ ...