日向坂46 キツネ 評価

キツネ ミュージックビデオ (C)日向坂46

「光る真実」

かつて、戯作者近松門左衛門は「真実は虚実皮膜にあり」といいました。真実は、現実と虚構との微妙なはざまにあるということですが、「嘘」を通過しない限り「実」にはいけないという、物語を創るうえでの肝がこの言葉にあります。どんな真実も嘘=虚構の助けを借りなければ、真実として輝くことはありません。

福田和也「福田和也の文章教室」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

『JOYFUL LOVE』、『キュン』、『ドレミソラシド』、『キツネ』をひとつの連なりと捉え、モノグラフの観点に立つならば『キツネ』が一番輝いて見える。アイドルの現在(いま)を描く、というよりも、今の”彼女たち”にしか出来ない演劇。『キツネ』は『日向坂46』が成熟の獲得を済ませた段階で演じても滑稽に映ってしまうだろうと推測する。それはやはり、嘘を作ることへの反動や無理解を、今の”彼女たち”ならば未成熟に塗り替えて大切に抱えることを許されるからだろう。
『キツネ』が『キュン』や『ドレミソラシド』と同一色でありながらも他にはない輝きを放つのは、単純明快に、ダンスの素晴らしさに因る。『キツネ』はダンスが良い。『日向坂46』がアイドルの”ジャンルらしさ”=原典への回帰を狙う企みを持ったとしたのならば、四角いギニョールの板の上で少女たちが「舞い踊る」、ただそれだけで日常を演じる行為が収斂し、現実と仮想の境界線が不分明になり、観客は魅了される、筐体は到達点へのタッチを可能にする、この事実に『キツネ』は直面させたのではないだろうか。幻想の矛先に選ばれた少女のひび割れたコケット、その外郭からのぞく外連が急所を掴み、作りての見込みどおりに進行した、と評価するのは過褒になるだろうか。

小坂菜緒が作る表情や体の揺きに物語を読むことが可能になった点も看過できない成功要因だろう。作りてが投げつける、日常を演じる少女たちの境遇への洞察、その痕跡を読解し追究する姿勢を小坂菜緒からはうかがえる。センターポジションに立ち続けることで、観者に自身のアイドル像の輪郭を徐々に描かせて行くことに成功したのだから、不気味な迫力を把持したアイドルである。敢えて不吉な胎動を挙げるならば、今後発表される楽曲の成功と失敗は、彼女の動向、つまり「小坂菜緒」の成長物語次第であり、彼女の作る表情=真実を伝える為に用意される嘘によって筐体の輝きが左右されてしまうのではないか、という点だろうか。すでに、彼女が後天的に具えた圧倒的な”主人公感”は丹生明里や渡邉美穂が先天的に放つ輝きを凌駕しており、仮に独りの主人公に頼らない「群像劇」の成立を試みる局面をグループが作れたとしても、それは減衰に外ならず、まさしく隘路と名付けられるだろう。

 

総合評価 62点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 12点 歌詞 13点

ボーカル 12点 ライブ・映像 13点

情動感染 12点

歌唱メンバー:富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの、井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒

歌詞: 秋元康 作曲:原田雄一 編曲:原田雄一

引用:見出し、秋元康 / キツネ

評価点数の見方