乃木坂46 空気感 評価

乃木坂46, 楽曲

松村沙友理、橋本奈々未、白石麻衣(C)乃木坂46LLC/ORICON NEWS

「心地いい 関係」

歌詞、楽曲について、

この楽曲が提示するもの、それは日常に溢れでる女性の空虚な孤独だろう。純粋無垢な”僕”の独りよがりな目線、描写から浮かび上がる「彼女」の輪郭を想像してみると、おもしろい。都会のワンルームマンションで暮らすようなデオドラントな日常と、「僕」=現代日本人の未成熟さ=幼稚性を巧く表現できている。「苦いクレンジングジュースを飲んでたり」、「急にアリアナグランデばかり爆音で聴いたり」する彼女のメタフォリカルな行動を洞察するのではなく、「理解できない行動も新鮮で飽きない」と云う。それが、想像力の欠如に映らないのは、「空気感」という言葉がもつ魔法のような感覚によって詩的責任から逃れることに成功しているからである。「僕」は一般論的な空想、視点をもとに彼女をどんどん好きになっていく。そこに、彼女の現実的な希望が入り込む余地はない。しかもそれをファンの幻想や妄執に囲繞されているグループアイドルに歌わせるのだから、これはもうひとつの文学と呼べる。
そして、このような観点で楽曲を眺めた際に浮かび上がる構図こそ、グループアイドルとそのファンの関係、仮想恋愛である。歌詞をあらためて読むと「僕」をファンに、「君」をアイドルに置き換えても違和感がないことに気づく。彼女の「日常」の風景とは、握手会で眺めた仕草かもしれないし、ブログに綴られた日々の些細な出来事かもしれない。この構図が帰結するものこそ「僕」の幼稚性であり、つまり、常に、移動をしない「僕」を書き続けてきた作詞家・秋元康のアイデンティティが現代日本人の内奥と響き合った数少ない詩情と云えるのではないか。傑作と呼ぶべき楽曲。

何だかわからないけど気にかかる人がいるじゃないか。
で、どうアプローチしていいんだかわからないけど、観察しているとどうにもオモシロイ。立ち居振る舞いとかね、反応とかが、微笑みたくなるように好ましいとかね。…で、そういう人をみつけて、その人の値打ちというかな、面白いところを見つけて、好きになるっていうのはとても大事なことなんだよ。ホレるっていうことは。 その人が好きでも、何も得をするわけじゃないし、あるいは濃くつきあうワケでもない。だけどタマに一言二言話したり、その人間の立ち居振る舞いを眺めて喜んでいる、みたいなことがね。

福田和也/乃木坂血風録

 

総合評価 80点

現代のアイドルシーンを象徴する作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 17点

ボーカル 18点 ライブ・映像 15点

情動感染 15点

引用:「」乃木坂46 空気感

歌唱メンバー:衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理

作詞 秋元康  作曲 DR QUEENBEE 編曲 DR QUEENBEE 

 

堀未央奈 冷たい水の中 評価

「いつのまにか大人になってた」 ミュージックビデオについて、 堀未央奈の卒業ソン ...

乃木坂46 口ほどにもないKISS 評価

「本当の愛だと勘違いしたくなる」 ミュージックビデオについて、 阪口珠美の初セン ...

NGT48 角ゆりあ 評価

「ダンス・ダンス・ダンス」 角ゆりあ、平成12年生、NGT48の第一期生であり、 ...