アイドルの可能性を考える 番外編

ブログ

「不人気アイドルの可能性」

メンバー
楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」を執筆中。
OLE:フリーライター。自他ともに認めるアイドル通。
:音楽雑誌の編集者。
横森:カメラマン。門脇実優菜推し。

楠木:「アイドルの可能性を考える」と題してこれまでに乃木坂46、AKB48、日向坂46の3グループについて、思うままに語らいました。記事化するにあたっては、いらない部分を切るといった編集はもちろん、文体を統一し読み物に近づけるなど多少工夫をしました。これはなかなか貴重な経験になりました。その甲斐があってか読者から記事に対する反応をいくつか頂きました。今回はそのひとつのアンサーとして、「不人気アイドルの可能性」について論じてみようとおもいます。よろしくお願いします。

「不人気アイドルを探す」

楠木:AKB48についての記事をアップしたあたりで、もっと知名度の低いアイドルをピックアップするべきだ、という声が届きました。
OLE:一番むずかしいね、それは。
横森:名前があがってこないのにはそれなりに理由がある。
楠木:知る人ぞ知る、みたいな通好みのアイドルを語るのって実はむずかしくて、たとえばAKBの回で千葉恵里の名前を挙げたけれど、AKBのファンからすれば千葉恵里なんてのはすでに人気・知名度を両立したアイドルで有望株、センター候補なわけです。なにを今更、と。しかし一方で乃木坂のファンからすれば無名な若手アイドルのひとりにすぎない。そういう視点はやっぱりもっていないといけないし、千葉恵里を語るときには、こんな若手がいたのか、これはすごい子を発見したぞ、とそういうスピード感で語らないと仕方ない。
OLE:ペダンチックな振る舞いを恥ずかしがるのとはまた別の話なんだよな。
楠木:情報量としては実はそこまで多くないんですよね。全体でまだ1000人ちょっとでしょう?もちろん批評を作るとなると話はべつだけど。早野薫とか藤島マリアチカとか、語ろうと思えば語れる。早野薫なんて筒井あやめの先駆けかもしれない。そういう感慨も出そうとおもえば出せる。
:現役のアイドルでいま一番知名度が低いであろうアイドルを各人が挙げてみたらおもしろいんじゃないですか?
横森:知っている名前しか出てこないから矛盾してないか(笑)。
:じゃあ名前を挙げてみて、そこから漏れたアイドルをあらためて探すとか……。
楠木:ルーレットで決めたらおもしろいんじゃないかって考えたけど、不謹慎にすぎるので思いとどまった。
OLE:きりがないから、じゃあ石綿星南。
横森:意外と苦労人。
楠木:アイドルに憧れるアイドルだね。立身は類型的ではあるけど、踊ることでアイドルを物語ろうという姿勢はもっているらしい。そういう意味じゃ村山彩希の影響があるのかな。
OLE:ちゃんとアイドルやってる。
横森:不人気って感じではないよね。
楠木:まあその見出しは僕なりの反発なので……。
:ロリというよりは古めかしさがありますね。
OLE:まだまだイメージから抜け出ないかな。
楠木:後藤萌咲みたいに外見がぐんぐん成長していくようなタイプではないらしい。でも彼女の場合はそれが奏功しているとおもう。昨日と今日で別人に見える、みたいな驚きはこのアイドルには必要ないんでしょう。
横森:齋藤陽菜。
楠木:名前が良いね。ハイブリッド感がある。
:清楚に見えますね。ルックスも喋り方も。
OLE:AKBっぽくないな。落ち着いてる。この子は売れそうなアイドルとしてピックアップしなかったのか。どうして?
楠木:なぜだろう。いまこうやって見てみると売れる気配はありますね。
:いい線行っているとおもいます。笑った顔が新垣結衣に似ていて、なかなかキュート。
楠木:でも結局このひともファンからすれば文句なしに注目株なわけでしょう、きっと。正直、不人気という感じではまったくないよね。なんだろう、どこか、ほんとうの不人気アイドルを挙げても不毛なだけだという空気感がある。読者というのはそういう甘さをめざとく見つけるんだね。
OLE:中村麗乃ではなく向井葉月を語る場であるべきだ、ということになるね……。
横森:可能性がない子を持ってきて、その子の可能性を見いだしていくのを見たいんでしょ。向井葉月が売れるためには、みたいな。
楠木:向井葉月で言えば、僕は並み以上の「期待」をもっている。現状は成長ができないアイドル、というところに落ち着いている、実際ファンのあいだでもそういったチャントが多いらしい、でもこのひと、そういう目をちゃんと見つめ返している。批評する側が、アイドルに見られている、という意識を持ってしまうような、そういう状況を作っている。こういうひとは気になるよ。
OLE:与田祐希になればいい。
横森:プロポーションが良いからね。どちらも。
OLE:そう。
楠木:今の自分が失敗している、おもうように成果が得られていない、ということは過去の選択が間違っていた、ならやりかたを変えればいい。と、こういうふうに考えられる人間って実はあまりいない。叩き続けてきた壁がそのうち崩れるだろうと、考えているんだね。もちろんそういう光景を描いて勇気を語ったほうが説得力みたいなものはあるんだけど、ほんとうに勇気がいるのってやっぱり過去を捨ててやり方を変えることなんだね。向井葉月はアイドルの演じ方を変えようとしているでしょ。そこは素晴らしいとおもうけどね。ちゃんとあがいてる。
:不毛ということなら吉田綾乃クリスティーのほうが深刻じゃないですか?
楠木:彼女は「アイドル」が細く見えるけど演技でしっかりと補強されている。演技ができるアイドルだね。まあでもその「補強」というのは形而下であるから、そう考えると「不人気」というイメージに合致するかもしれない。
OLE:アイドルは偶像だから形而上であるべきなんだよな。
楠木:そう思います。形而上というのは要するに定形の超越なので”かたちなきもの”ですよね。人気が出るアイドルって大体は形而上です。一方で形而下というのは当然”かたちあるもの”になる。演技とか、ダンスとか、それこそ「アンダー」とか、不人気アイドルというのは往々にして”かたちあるもの”なんですね。
OLE:これが逆転するとグループそのものが不人気になるってことだね。
楠木:中田花奈っていたでしょう。僕はこのアイドルのことは厳しく見ているけれど、それに対して「惹起」を提示する読者がいて、その読者さんの文章がすごく綺麗でね、しっかりとしたモチーフを持っている。こういう文章を書ける人間が中田花奈を応援している、推しの為に推しの見えないところで闘おうとしている、ということは中田花奈にはなにか深い魅力があるのではないか、と。でも考えてみればそれは中田花奈が”かたちあるもの”だからなんですね。眼前にしっかりと存在して呼吸しているんだ、アイドルが。
OLE:大衆にもみくちゃにされていないからね。
楠木:かれら彼女らって大衆に理解されない場所で一つのコンテンツを共有して没入しているわけでしょう。それって実は文芸におけるグループアイドルそのもののことだし、さらに言えば純文学小説もそういうものだよね、もうずっと以前から。つまり不人気アイドルと呼ばれる人物というのは、ただ人気・知名度の低いアイドルを指すのではなくて、人気も資質もなにもない、なにもできないまぬけな奴だ、偽物だ、という評価を受けつつも、しかしどこか不気味に引き付けられるもの、ほんの一握りの、少数のコアな人間をとりこにしてしまう倒錯したなにかを、生きることの確証のようなものを持っている存在を指すのだとおもう。肝心なのは、中田花奈がそういう存在であるとは絶対に考えられないわけです、僕は。しかしその「絶対」を無視する人間が一方でたしかにいる。そういう状況があってはじめて不人気アイドルが作られるんじゃないかと。まあ正直に告白すれば、本間麻衣を引き出そうとしているだけなんだけど。

「本間麻衣の可能性」

楠木:僕は「SHOWROOM」というコンテンツが大嫌いで、たとえばNGT48のアイドルの情報を集める際に、「SHOWROOM」に触れざるをえなかったんだけど、もう本当につまらなくて退屈だった。アイドルの魅力を損ねているだけ。
:でもこれをやらないとどうしようもないんですよね、今のアイドルは。
OLE:自傷行為を強いられている。
楠木:毎日のように配信しているのだから、つまらないのは当然で、企画的なことを期待するのは酷におもう。要するに会話でおもしろくしなければならない、という状況にある。勘違いしてはいけないのが、この「おもしろい」というのは「面白い」ではない、という点。笑わせる必要はないけれど、興味は引き続けないとコンテンツとして成立しない。まあ「話」も結局話術、ウィットだから、それも企画を作るのと変わらない。じゃあどうすればいいか。才能と言ってしまえばそれまでだけど、日常会話にどこか知的好奇心のようなものの投げあいがないとダメなんだろうな、と。あと空気感だね、やっぱり。まあ持って生まれた才能ってことになってしまうのかな、結局。才能ということになると、とにかくみんな才能がないから、みんなつまんない。日常の垂れ流しになっていて退屈に感じる。でも本間麻衣の「SHOWROOM」はおもしろいんですね。あとは森田ひかるとか、おもしろかったな。
:「間」じゃないですか。落語みたいなリズム感があるとか。
OLE:テレビと比較したらものすごく個人的な空間だから、ここの空間でファンに披露する顔をテレビでも披露できてしまう子が売れるんだろうな。秋元真夏とか齋藤飛鳥とかね、生田絵梨花もそうか。本間麻衣はほかのアイドルとならぶと「SHOWROOM」のキャラクターが出てこない。だから人気が出ない。そういう意味じゃ凡人にみえる。そういう子は多いから。川後陽菜とかさ。
楠木:でも可能性を見いだすという意味じゃ文句なしでしょう?まわりにいる大人次第って言ってしまうとこれはアイドル本人に資質がないように映るけど。
OLE:本間麻衣を推すことは、つまり中田花奈とか齋藤冬優花を推しているファンの側とおなじ側に立っているわけだね。大衆にもみくちゃにされない場所に。
楠木:その通り。
横森:卒業が噂されているよ。
楠木:そこがスリリングなんだよ。


2021/8/21  楠木かなえ

  関連記事