AKB48 履物と傘の物語 評価

AKB48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

高橋みなみさん(@taka37_chan)がシェアした投稿

「履物と傘の物語」


歌詞のなかに童話要素を暗喩として置くのではなく、歌詞そのものを童話とする場合、作詞家としての資質ではなく童話作家としての資質が求められてしまう。童話作家には読者の心に負荷をかけない文体と描写が求められる。平易な文章にメタファーを織り込むという作業には作家として、たかい資質が求められる。

江國香織は童話作家から純文学作家に転身し成功を収めたが、この『履物と傘の物語』を書いた作詞家からは、残念だが、童話作家としての資質を見いだすことはできなかった。説明的な描写で終始するのにもかかわらず、感情の情景化が起きないのは配置されるべきギミックが欠落しているからだろう。一言で云えば、企みが浅い。映像と音楽の力を利用できる状況下にあって、一定の水準をクリアする作品に至らなかった結果は、やはり力量不足と断じるべきだろう。

 

総合評価 43点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 9点 歌詞 9点

ボーカル 10点 ライブ・映像 9点

情動感染 6点

歌唱メンバー:柏木由紀、小嶋陽菜、指原莉乃島崎遥香、高橋みなみ、松井珠理奈横山由依、渡辺麻友

作詞:秋元康 作曲:片桐周太郎  編曲:片桐周太郎

評価点数の見方