櫻坂46 なぜ 恋をして来なかったんだろう? 評価

楽曲, 櫻坂46

(C)櫻坂46公式サイト

「自分じゃない本当の自分見つけたい」

楽曲、ミュージックビデオについて、

1st.シングル『Nobody’s fault』のカップリング楽曲。センターポジションで踊るのは藤吉夏鈴。
カップリング曲と銘打つが、商業展開を眺めると『Nobody’s fault』『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』『Buddies』の3作品のセンターポジションには、ジャケット写真で示された構図通り、それぞれ、次の世代を担う若手アイドル(森田ひかる、藤吉夏鈴、山﨑天)が配置されており、この3名のアイドルを軸に物語を作ろうとする、グループの決意を受け取る。よって『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』を安易にカップリング曲と扱い、サイドストーリーの一つとして批評してしまうのは、勿体ない、と感じた。
つまりは、今作品もまた、作り手の狙い通りに事が運んだ、と云えるだろうか。この、表題曲と比肩する、あるいは表題曲を凌ぐクオリティを実現したカップリング曲を眼前に並べられたファンは、抑えきれず批評の矢を放っている。ファンのそれぞれが、それぞれの価値基準をもとに楽曲に順位を付けている。この光景は、きわめて愉快におもう。あらためて問うまでもなく、シーンの隆盛を決定づけるもの、それはファンの熱量なのだ。そのような意味では、観賞者を「批評」へと衝き動かす楽曲とアイドルは、やはり貴重な存在と呼べるだろう。とくに、茫洋と笑う藤吉夏鈴のようなアイドルは。

客観性を知らぬ間に欠落してしまうことを没入と呼ぶならば、『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』という作品には、藤吉夏鈴というアイドルには「没入」がある、と云えるだろう。観賞者を虜にするなにかがある、と。たしかに、このアイドルの作る表情には底しれぬ批評性が帯びている。これまで、数多くのアイドルの「笑顔」を意識的に眺めてきたつもりだが、今楽曲のミュージックビデオ内で描かれた藤吉夏鈴の笑顔とおなじ「笑顔」に触れたことは、おそらく、一度もない。彼女の笑い顔を形容することはむずかしい。そこには無邪気さも見えるし、甘美な匂いもあるようだ。夢と現の混淆があり虚ろにすら見える。アイドルを演じる日々のなかで感受したものが、そのままひとつの世界として描かれているような不気味さがある。画面に映し出された世界とは、映像作家の想像力によって形づくられた「仮想」ではなく、藤吉夏鈴の眼に映る世界なのではないか、妄執してしまう。この少女を最初に”発見”した、あるいは、その資質を見出した作り手の高揚感とは、これはもう大変な騒ぎだったのではないか、容易に想像できる。しかも、少女はその期待通りの成果をすでに挙げてしまったわけだから、非凡とするほかない。
楽曲そのものへ話題を戻せば、今作品が”ほんとう”にファンから賛美されつづけるのならば、その理由は、楽曲から投げつけられる、忘れたい過去と忘れたくない過去、この二律背反、つまりアンビバレントな不安定さに引きつけられるからだろう。この歌が映し出す「過去」とは、もちろん、平手友梨奈、彼女のことだ。
藤吉夏鈴というアイドルに驚嘆するのは、藤吉が舞台の中央で舞い踊ることで、もし、「教室」を飛び出して行ったあの”彼女”が、あの圧倒的な主人公がこの『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』を演じたらどんな光景が描かれたのだろう…、といったアナザーストーリーを構築させつつ、しかし現実に、眼前で、桜の花びらが舞うその中央で踊るアイドルの微笑からあたらしい希望を、観賞者に発見させる点である。言葉の最良の意味で、未来を描くグループアイドル、と呼べるだろう。

歌詞について、

頭の中でずっと理解している事柄、しかし実行には移さなかったものが、なにかのはずみで実行に移されたとき、その魅力や利便性に驚き、なぜもっと早く行動しなかったのか、後悔する。上着を一枚羽織れば寒さをしのげるとわかっているのに、でもなんか着たくないんだよね、と頑なに拒んでいたけれど、いざ着てみたらすごく心地が良い。このような日常の機微を「恋愛」にあてはめて語っている。いや、私たちにそのきっかけをあたえるもっとも明確なちからこそ「恋愛」なのかもしれない。
見過ごしてきたものの大切さに気づき、それを取り戻そうとする、その主人公の思い込み、つまり本当の自分を見つけたいと決意する主人公の横顔が、自分とは別のもうひとりの自分を作り上げるアイドルの横顔へとつながっていく点には、なるほど、と舌を巻く。しかし歌詞を俯瞰してみると、結局それがいつもの”サイレントマジョリティー的反動”に帰結していることに気づき、落胆する。どうしてもアイドルを、アイドルを演じる少女を啓蒙したい、ということなのだろう。しかし今作に限って云えば、作詞家のその志が楽曲を退屈にしている。

 

総合評価 72点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 13点

ボーカル 14点 ライブ・映像 16点

情動感染 15点

引用:見出し 秋元康 / なぜ 恋をして来なかったんだろう?

歌唱メンバー:小林由依、藤吉夏鈴、渡邉理佐、菅井友香、森田ひかる、小池美波、山﨑天、田村保乃、井上梨名、幸阪茉里乃、原田葵、渡辺梨加、増本綺良、関有美子

作詞: 秋元康 作曲:SoichiroK、Nozomu.S 編曲:Soulife

   

櫻坂46 無言の宇宙 評価

「無言の宇宙」 ミュージックビデオについて、 『流れ弾』のカップリング曲。センタ ...

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...