AKB48 冨手麻妙 評価

冨手麻妙(C)土佐麻理子

「反動的な演技」

”粛清”された第8期生の1人であり、当然、アイドルとしての物語の厚みは救いがなく薄い。「冨手麻妙」のような元アイドルの「アイドル時代の物語」を批評する場合には、アイドルを卒業(卒業という表現が適当かどうか逡巡するが)したあとの物語を読み、フィクションを作るしかない。「後日の話」からアイドルとしての資質をはかる。もちろん、”後日”が存在しない、再会が果たされない人物の場合は途方に暮れることになるが…、冨手麻妙という人物には、幸運にも「後日の話」が目に見えるかたちで記録されている。それも、アイドルを卒業した多くの少女たちのなかでもその量は圧倒的である。

映画、ドラマ、舞台と、とにかく演じることに対する熱量は凄まじく、映画監督・園子温に直談判し”役”を勝ち獲ったエピソードなど、夢に向かい突き進む行動力、もう後がない人間が滲み出す切迫感の所持はアイドルとしての憧憬に通じ合う。
演技力については、『人狼ゲーム』において暴力性の爆発を一方的な親和に導き、『闇金ドッグス』では現代アイドルが構築したシステムに対するやや大仰な揶揄を、システムからはじき出された当事者(元アイドル)として滑稽に演じるが、しかしその渦の中にはたしかにシーンの抱える病弊、深刻さがあり、アイドルファンに自己投影をうながす。主演映画『アンチポルノ』においては、仮構のなかで内面と外面を同時にさらけ出し、女優「冨手麻妙」の魅力を確実にした。
『みんな!エスパーだよ!』など所謂、末端的登場人物を演じる場合を除けば、彼女の演じる登場人物たちは常に「反動の塊」そのものであり、自己を摩耗する暴力や破滅といったややエンターテインメント的なアンダーグラウンド感を放っている。つまり、彼女が演じる”役”はどうやっても最終的には厄介な後悔を”叫ぶ”のである。それが冨手麻妙という演者を作り手が写実した結果なのであれば、彼女が抱え込んだ「反動」とは、はたして人生(物語)のどの段階で彼女の内に宿ったのか、そのような視点で眺め、フィクションを作るのも一興ではないか、とおもう。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 11点 ライブ表現 10点

演劇表現 16点 バラエティ 11点

情動感染 9点

AKB48 活動期間 2009年~2009年

評価点数の見方