乃木坂46 三角の空き地 評価

三角の空き地(C)乃木坂46LLC

「何も気づかなかった」

ミュージックビデオについて、

ダンスシーンは素晴らしいの一言。しかし、演者の演技力の拙さ、演技要求の不在など、全体を通して「未熟さ」が露呈しており、作品と呼べる域に達していない。構想についても、結果論的ではあるが、テーマが曖昧で比喩の不成立を招いており、細部の到るところでアイディアが不足している、と感じる。特に、アイドルのアップの多用というのは、この楽曲が作られる以前、数多く作られてきたミュージックビデオの世界にふれてきたファンの期待感を裏切る安直な愚策と云える。つくり手にとっては、”数本のうちの一本”なのかもしれない、しかし、ファンにとっては長編小説の内の一篇である、という事実を想像できていない点、それで「誤魔化せる」と思い込んでしまう点に、つくり手の未熟さを感じてしまう。

歌詞について、

三角の空地という表現は、乃木坂のアンダーメンバーへの直喩として捉えるのが自然な成り行きだと思う。メタファーとして思考する必要はないだろう。相楽伊織の項でも触れた『失ってから気付く。失わないと気付けない。失ってから気付いても手遅れ』という、このありふれた感情を書いているのだが、空地を描写する”詩”を乃木坂のアイドルという”破片”(パズル)で埋めていく場合、その詩が抱える意味や感情を、にわか雨が通り過ぎる瞬間だけ被るフードみたいに纏うメンバーを中心に配置すれば、教訓もしくは不吉な予言として、文学的な作品になり得たのではないか、と想う。例えば、寺田蘭世や伊藤理々杏といった、失ってからではないとその価値に気付けないようなアイドルを。
中田花奈を中心に置くのならば、やはり、堕落していく人間の姿を、表情を描くべきではないか。俗悪にも悪徳にもなれない俗物として、凡庸な人間の、アイドルの、止むことのない苦悩を描くべきだろう。この楽曲と中田花奈のズレはNGT48の青春時計で感じた乖離と似ている。

アンダー楽曲の『ブランコ』において、センターポジションを努めた寺田蘭世は、楽曲を提供後、その歌詞が不吉な予言として胎動し、彼女のアイドルとしての像を二重にみえるような、身体を、心を揺さぶって成長を促すような効果を発揮した。それは、アイドルの成長をファンと共有させる、という使命を果たすことに成功している。彼女の、胎動への”裏切り”が、ひとつの物語にさえなっている。
『三角の空き地』によって発生する不吉な予言(胎動)とは、中田花奈の”卒業”である。たしかに、ファンにとっては不吉な予言かもしれない。しかし、その胎動が結実しようとも、裏切られようとも、どこにも救いがないのではないか、という点は看過できない。仮に、その予感が裏切られたとき、彼女のファンは活力を得るのであろうか?そのような、企みの浅い、卑しい裏切り行為に救いや葛藤があるとは、思えない。

 

総合評価 58点

聴く価値がある作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 12点

ボーカル 14点 ライブ・映像 12点

情動感染 4点

歌唱メンバー:伊藤かりん、伊藤純奈、伊藤理々杏、川後陽菜、北野日奈子、阪口珠美、佐々木琴子、佐藤楓、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、能條愛未、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、渡辺みり愛、和田まあや

作詞:秋元康 作曲:Hiroki Sagawa/Yasutaka.Ishio 編曲:Yasutaka.Ishio

収録トラック:ジコチューで行こう! 自分じゃない感じ あんなに好きだったのに… 心のモノローグ 三角の空き地 空扉 地球が丸いなら

評価点数の見方

乃木坂46, 楽曲