乃木坂46 三角の空き地 評価

乃木坂46, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

な な あ やさん(@__n__kana)がシェアした投稿

「何も気づかなかった」

映像作品について。ダンスシーンは素晴らしいの一言。しかし、演者の演技力が「商品」「作品」の域に達していない。
構成自体は良い。残念。

三角の空地という表現は、乃木坂のアンダーメンバーへの直喩として捉えるのが自然な成り行きだと思う。メタファーとして思考する必要はないだろう。
相楽伊織の項でも触れた『失ってから気付く。失わないと気付けない。失ってから気付いても手遅れ』という、このありふれた感情を書いているのだと感じるが、空地を描写する詩を乃木坂のアイドルという破片(パズル)で埋めていく場合、その詩が抱える意味や感情を、にわか雨が通り過ぎる瞬間だけ被るみフードみたいに身に纏うメンバーを中心に配置すれば、教訓もしくは不吉な予感として、文学的な作品になり得たのではないか、と想う。例えば、寺田蘭世や伊藤理々杏といった、失ってからではないとその価値に気付けないようなアイドルを。
中田花奈を中心に置くのならば、やはり、堕落していく人間の姿を、表情を描くべきではないか。
俗悪にも悪徳にもなれない俗物として、才能の無い凡庸な人間の、アイドルの、止むことのない苦悩を描くべきだろう。
この楽曲と中田花奈のズレはNGT48の青春時計で感じた乖離と似ている。

楽曲のメンバー構成というのはファンが選ぶものではない。選ぶべきものでもない。ファンが受動的に愉しむべきコンテンツであるのだから、(乃木坂46のアンダー楽曲においては)やはり楽曲、歌詞のテーマとイデオロギーやストーリーがリンクしたメンバー(リンクしてしまうメンバー)を選出すべきである。
この条件を満たせなければ、新しい世界の項で述べた、歌詞と映像が孕むメタファーとセンターポジションに立つアイドルに対する叙述の完成度。そして、それらが映像作品と、どのようにリンクをしているかの「考察」というコンテンツの提供』、この慣習の域にまで到達したアンダー楽曲というコンテンツを、ファンとの信頼関係を、つくり手自ら放棄、毀損するという恥ずべき結果を招くことになる。それは、致命的な裏切り行為に外ならない。

例えば、アンダー楽曲の『ブランコ』において、センターポジションを努めた寺田蘭世は、その楽曲を提供後、その歌詞が不吉な予感として胎動し、彼女のアイドルとしての像を二重にみえるような、身体を、心を揺さぶって成長を促すような効果を発揮した。
それは、アイドルの成長をファンと共有させる、という使命を果たすことに成功している。

 

総合評価 59点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 14点 歌詞 12点

ボーカル 14点 ライブ・映像 10点

情動感染 9点

 

歌唱メンバー
伊藤かりん、伊藤純奈、伊藤理々杏、川後陽菜、北野日奈子、阪口珠美、佐々木琴子、佐藤楓、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、能條愛未、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、渡辺みり愛、和田まあや

作詞:秋元康 作曲:Hiroki Sagawa/Yasutaka.Ishio 編曲:Yasutaka.Ishio

収録トラック:ジコチューで行こう! 自分じゃない感じ あんなに好きだったのに… 心のモノローグ 三角の空き地 空扉 地球が丸いなら

評価点数の見方