乃木坂46 三角の空き地 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) 三角の空き地 ミュージックビデオ

「三角の空き地」

歌詞、楽曲について、

ざらついた表面をなぞるように旋回し疾走するイントロダクションは文句なしの感興を降らせる。常にシーンの核心的な部分で呼吸しながらも、しかしグループのアイデンティティにはけして置かれないアイドルの屈託と反動を、干渉することのできない喪失に寄り添わせながら物語っており、アンダー楽曲として、そのタイトルに触れた際に抱く身勝手な期待感を見事に消化してくれる。
今日、あらためて「三角の空き地」を鑑賞すると、そこに記した詩情が「帰り道は遠回りしたくなる」や「アナスターシャ」など、アイドルの岐路や悔悟を描いた楽曲の原動力として作詞家の内奥でつよく胎動していた事実に気づく。語彙=思弁の再登場が、西野七瀬の卒業ソングのタイトルで現れたことから、作詞家になんらかの達成感を植え付けた楽曲と窺うことが可能であり、とくに、グループアイドルの物語が作る”なごり”のようなものを見つめるアイドルとアイドルファン双方の視点を挟撃する詩情には尽きない検証の余地を覗く。

ミュージックビデオについて、

乃木坂46のアンダー楽曲のなかで一二を争う、洗練された構成を実現している。センターポジションで踊る中田花奈だけでなく、能條愛未、北野日奈子、伊藤純奈、渡辺みり愛、阪口珠美、中村麗乃、とステージの上で踊り演じつづけることでアイドルの存在理由を確実に向上させるメンバーが集結しており、当然、素晴らしい、見応えのあるダンスシーンが描かれている。自我を自壊するように、あるいは損なうように舞うアイドルの姿は、地面に落ちてくずれて行く熟れた果実のようにみえる。ただし、この緊張感を把持する暗示の出現が、結局、宙に漂ったままどこにもたどり着かずに音が鳴りやんでしまったことで、つまり暗示への裏切りと転向がなされたことで楽曲そのものが無害なものへと落着してしまった点には、やはり、どうしても自家撞着といった揶揄を投げつけたくなる。
そもそも、置かれた暗示、ケレンそのものにファン感情に対する痛々しい勘違いがあるようにおもえる。「三角の空き地」で描かれた不吉な予言、ファンに触らせた不吉な胎動とは、アイドル・中田花奈の”卒業”である。これはファンにとって不吉な予言だ。アイドルから不意に、もうすぐ卒業するかもしれない、というメッセージがおくられるのだから、スリリングだ。もしかしたらある日唐突に”彼女”を失うかもしれない、という認識のもとにファンは立たされる。たしかに、これは楽曲のなかに置かれた詩情へのひとつの回答にみえる。しかし、この胎動が結実しようとも、裏切られようとも、どこにも救いがないのではないか、疑問を拭えない。仮に、与えられた予感が裏切られたとき、彼女のファンは安堵し活力を得るのであろうか?どこか、痛々しい勘違いがある。作り手の、エンターテインメントに向ける企みの浅さ、その卑しい裏切りから、アイドルとの成長共有といった感興が降るとは到底おもえない。むしろこれはファンとの信頼関係や絆を致命的に損なう結果を招くだけのケレンに感じる。

 

総合評価 68点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 14点

ボーカル 16点 ライブ・映像 13点

情動感染 9点

歌唱メンバー:伊藤かりん、伊藤純奈、伊藤理々杏、川後陽菜、北野日奈子、阪口珠美、佐々木琴子、佐藤楓、寺田蘭世、中田花奈、中村麗乃、能條愛未、樋口日奈、向井葉月、山崎怜奈、吉田綾乃クリスティー、渡辺みり愛、和田まあや

作詞:秋元康 作曲:Hiroki Sagawa/Yasutaka.Ishio 編曲:Yasutaka.Ishio

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...