乃木坂46 スカウトマン 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) スカウトマンミュージックビデオ

「スカウトマン」

歌詞について、

現実を歪曲し、虚構との境界線を曖昧にすることによってはじめて、『スカウトマン』のような歌詞に詩的責任を伴う「意味」がうまれるのだが、この楽曲については、フィクションの内にリアリティーをまったく感じない。スカウトマンに自己投影をしてしまう人間がはたしてどれだけ存在するだろうか、という疑問の発生を食い止める力が備わっていない。映画のなかで携帯電話を片手に持った主人公が交差点を闊歩しながらスカウトマンを振り払う、そのようなありきたりな光景を、ありきたりな想像力で再現をした、ただそれだけの世界に映る。『スカウトマン』というタイトルを付した楽曲をアイドルに歌わせる、という所業のなかに、期待した悪徳さを感じることもなかった。総じて、企みが浅い、と云える。

ミュージックビデオについて、

どうしようもなく、救う価値もない楽曲を目の前にして、孤軍奮闘をした痕跡は見受けられる。しかし冒頭のシーンによって生まれたテンポの良さがダンスシーンに移った瞬間、すべてぶち壊しにされてしまう。その時点で、ありきたりの模倣品、という評価が妥当だと判断した。

 

総合評価 26点

聴いていることは秘密にした方がいい作品

(評価内訳)

楽曲 3点 歌詞 4点

ボーカル 7点 ライブ・映像 9点

情動感染 3点

歌唱メンバー:伊藤かりん、伊藤純奈、相楽伊織、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

作詞:秋元康 作曲:SaSA 編曲:SaSA

 

センターの値打ち 乃木坂46 編

はじめに 「センター」に点数を付けてみたい。また遊び心が湧いた。と同時に、『ロー ...

NGT48 Awesome 評価

「Awesome」 楽曲、歌詞、ミュージックビデオについて、 6枚目シングル。小 ...

瀧野由美子はやっぱりおもしろいし、かわいい

「アイドルの物語化が起きる瞬間」 ひさしぶりに瀧野由美子を見たら、なんだか妙にし ...