櫻坂46 偶然の答え 評判記

楽曲, 櫻坂46

(C)BANジャケット写真

「偶然の答え」

歌詞、ミュージックビデオについて、

藤吉夏鈴センター作品。
主人公を演じる少女の、女優への可能性を探っているようにみえる。当然、それはシーンに対するグループの消長を問う行為でもあるのだろう。そのような試みの中心に立たされる藤吉夏鈴というアイドルはとびきりに恵まれた人物に映る。だが幸福な境遇とは結局才能によって手繰り寄せられるものなのだ。才能とはそのひと自身を衝き動かすものだけれど、そのひとのまわりに立つ人間も衝き動かしてしまう。歌詞を読めばわかるとおり、これは、ある日偶然発見した、あるいは、”不思議な力”によって引き寄せられ発見した、あるひとりの少女の才能に向けたラブレターである。

『なぜ 恋をして来なかったんだろう?』から『偶然の答え』までの力強い展開、透明で深みのあるアイドルとしての物語性、他を断然圧するその横顔を眺めるに、「藤吉夏鈴」というひとはすでに他のアイドルとはべつの枠組みに立っているように見える。というよりも、あたらしい枠を作っているようにみえる。放つ香気がいわゆる「アイドル」とは異なっている。私などは演劇畑の人間だから、こういうひとを発見してしまったら、さっさと女優の道にすすみなさい、とおもってしまうのだけれど。それはアイドルと女優の対峙、差異といった話題ではなく、彼女が資質へ帰還することに対する期待、つまり純粋なファン感情と云えるかもしれない。

 

総合評価 66点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 13点 歌詞 15点

ボーカル 10点 ライブ・映像 14点

情動感染 14点

歌唱メンバー:尾関梨香、関有美子、原田葵、上村莉菜、武元唯衣、田村保乃、山﨑天、小池美波 、森田ひかる、菅井友香、小林由依、藤吉夏鈴、渡邉理佐

作詞: 秋元康 作曲:YU-JIN 編曲:TomoLow

 

日向坂46 理想の「選抜」を考える 9th シングル版

「才能の”選抜”、はじまる」 長編小説は書き出しの一行で決まる、と云ったのはガル ...

乃木坂46 遠藤さくら 評判記

「わたしには、なにもない。」 なくして 気づく かぎられた 時間は 魔法みたいだ ...

日向坂46 月と星が踊るMidnight 評判記

「月と星が踊る」 歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、 日向坂46の8枚目シ ...