乃木坂46 水玉模様 評判記

のぎざか, 楽曲

(C)水玉模様ミュージックビデオ

「水玉模様」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

乃木坂46の歴史において初のソロ楽曲であり、生駒里奈の最初で最後のソロ楽曲。
デビューから5作連続で表題曲のセンターを務め、グループの歴史において冠絶した主人公としてその名を刻んだ生駒里奈のソロ楽曲が今作品以降作られなかったという結果からもわかるように、『水玉模様』は失敗に終わっている。
作詞家の世代が憧憬する、少女の上京物語に対する想像の古臭さ、あまりにも類型的なストーリー展開、どこかで見たような光景の繰り返しが伝える平板さ、退屈さがミュージックビデオにもそのまま波及しており、アイドルの扉をひらいたばかりの少女の肝心の瑞々しさ、未熟さや凡庸さ、つまり「可能性」をどこにも拾えないまま音が鳴り止む。
演者個々の物語に視点を落とすならば、もうひとりの自分と決別する、しかもその「もうひとり」とは、本来の自分である、という自我に届く前の「自分」との決別を演じた経験が、生駒里奈というアイドルの核となり、生駒里奈のアイドルの作り方にある種の徹底を落とし込んだ点には、尽きない興趣がある。あたえられた境遇のなかで少女がどのように生きたのか、という問いかけにもある種の広大さを見る。

 

総合評価 32点

人に聴かせる水準に達していない作品

(評価内訳)

楽曲 6点 歌詞 5点

ボーカル 7点 ライブ・映像 7点

情動感染 7点

歌唱メンバー:生駒里奈

作詞:秋元康 作曲:若田部誠 編曲:若田部誠

 

乃木坂46 桜井玲香 評判記

 「乃木坂らしさ、という菖蒲色の群像を編み上げた立役者」 桜井玲香、平成6年生、 ...

乃木坂46 斎藤ちはる 評判記

「アイドルとしては平凡だが、アナウンサーとしてならば……」 斎藤ちはる、平成9年 ...

乃木坂46・5期生のセンター”てきせい”を考える

「ノギザカ・ノヴァ」 誰でもセンターポジションに立てるわけではない、センターは特 ...