乃木坂46 風船は生きている 評価

(C)風船は生きているミュージックビデオ/乃木坂46LLC

「強くなって飛べるはず」

歌詞、楽曲、ミュージックビデオについて、

幻想になりきること、幻想を演りきることへの啓示。アイドルを演じることになった少女たちを囲繞する情報、つまり通俗への覚悟要求を、あくまでもポップに描く。”アイドル”の日常の再現ではなく、零れた日常。だから楽曲全体が瑞々しい。演劇への入れ込みや気負いが可能な限り排除されているため仮構のなかを揺くアイドルたちが等身大に、「美しい」「青春」に映る。たとえば、画面に映し出された佐々木琴子の形相が仮の姿なのかどうか、という視点で眺めてみると面白い発見があるのではないか、とおもう。アイドルの仮装。彼女は他のアイドルたちが笑顔の演技をしているなかで、独り演じることを放棄しているのかもしれない。あるいは、演技をしている演技=嘘を作っているのかもしれない。「穴開いたその箇所を頑張って塞」ごうとしない、「心開かない」アイドルを日常で演じつづける佐々木琴子がフィクションの境域では見惚れるほどに咲い、怒り、「しゃべりすぎて」いるし、「楽に息を吐い」ているのだから、観者は当惑し眩暈する。
『風船は生きている』以降、映像作家の手腕にもたれ掛かる外連を脱し、拙さの露出を覚悟した演技要求と向かい合う傾向がつよくなる。そのような観点に立てば、『風船は生きている』を乃木坂46・アンダー楽曲の転換点と捉えることが可能だろう。
この楽曲のセンターをつとめた渡辺みり愛が『風船は生きている』提供後、情報(通俗)の「喧し」さに遭遇したことは、楽曲に書かれた詩が時間を先回りし少女を迎え撃ち、詩的責任を見事に、喜劇的に果たしたと云えるだろう。シンクロニシティや不吉な胎動の結実という意味では『ブランコ』の不気味さに比肩しており、その後『ブランコ』、『風船は生きている』の到達点にタッチしたアンダー楽曲は存在しない。『三角の空き地』において意図的な模倣が試みられたが、期待感への無残な裏切りを披露したまま、探索行為は破棄されている。(*1)

 

総合評価 73点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 15点 歌詞 14点

ボーカル 15点 ライブ・映像 15点

情動感染 14点

歌唱メンバー:渡辺みり愛、伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、相楽伊織、佐々木琴子、鈴木絢音、能條愛未、山崎怜奈、和田まあや

作詞:秋元康 作曲:泉佳伸、三好翔太 編曲:早川博隆、三好翔太

引用:「」(*1) 秋元康 / 風船は生きている

評価点数の見方