乃木坂46 4番目の光 評価

乃木坂46, 楽曲

(C) 4番目の光 ミュージックビデオ/乃木坂46LLC

「4番目の光」

歌詞について、

平易ではなく幼児退行、散文への恋い焦がれ、清楚と云いながら”秘すれば花”の欠如、想像力の不使用。唐突に置かれる「万感の思い」を前に「胸に込み上げてくる」のは滑稽のみである。幻想の矛先に選ばれ、架空の世界の扉をひらく少女たちのプロローグとして、まったく機能していない。アイドルが矜持を育むスタート地点に立たされていない。ここからなにかが始まる、という胎動を書けていない。むしろ、第四期生を、未来を託す希望を抱えた子供としてではなく、グループの過去の証としか捉えていない無意識の囲繞があり、第三期生が誕生した日から、『三番目の風』を作り出したその日から、作りての意識下で乃木坂46というグループは一歩も前に進んでいない証明になっている。楽曲を演じる少女たちではなく、その仮構の中には立たない”誰か”の想い出を抱えている人間への過剰な配慮、仮装があり、「光」を描いているつもりでも、ノスタルジーに浸るファンの子守唄にしかきこえない。西野七瀬と(そして、おそらくは白石麻衣と)交錯した最後の”次世代”が第四期生であり、グループを岐路に導く彼女たちの物語の捉え方、作り方というのは、過去の証明ではなく、閉塞から脱し、前に向き直る必要があるのは云うまでもないが、この歌詞は前を向いているようでまったく前をみていない。なによりも致命的であるのは、歌詞そのものが安易な記憶を描いてしまったが為に、楽曲が季節の記憶として両足で立つことを困難な状況に陥れ、酷く空疎であるという点だろう。(*1)
作りてにとって、やはり、アイドルも、そのファンも、どこまでいっても子供でしかない、という痛ましい勘違い、浅薄の露出は「恥知らず」と云う外ない。

ミュージックビデオについて、

技巧の拙さは生彩であり、瑞々しく、風になびく髪を眺めながら、ファンは共有する物語の主人公をそれぞれに発見できたのではないか。一回性の緊張、希求は避けられないだろう。

 

総合評価 46点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 11点 歌詞 4点

ボーカル 10点 ライブ・映像 14点

情動感染 7点

引用:「」(*1) 秋元康 / 4番目の光

歌唱メンバー:田村真佑、遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒

作詞:秋元康 作曲:杉山勝彦 編曲: 杉山勝彦、谷地学

評価点数の見方