乃木坂46 中田花奈 評価

乃木坂46

テニスボーイの憂鬱 (C) 村上龍

「愚の退屈さ(村上龍のパロディ)」

『テニスボーイの憂鬱』
郊外の住宅開発で、突然富豪になった青年の放蕩譚。豊かさの中で呆然自失する日本人の「憂鬱」を鋭く描いた、一世一代の傑作。

福田和也/作家の値うち

中田花奈、1994年生、乃木坂46の第一期生。
「今日」、与えられたテーマに対しウィットに富んだ返答をするわけでもなく、ただ弛緩した口元から笑みをこぼし、黒人の猿真似をしただけの、一知半解な”ラップモドキ”をラジオから垂れ流す中田花奈をアイドルファンは「どう見るのだろう」。彼女の作る虚構を、立ち居振る舞いをどう捉えるべきだろうか。自己の才能とは無関係に、筐体の輝き、移動によって突然トップアイドルグループの一員に押し上げられた彼女の、”テニスボーイの憂鬱”的な物語をどう読むべきか。乃木坂46のオープニングメンバーの一員であり、他人の傷つきやすさや壊れかけた心に共感し手を差し伸べることのできるアイドル。ファンの前では語られることが決してないような、中田花奈の存在によって救済されたアイドルのエピソードもきっと多いのだろう、と想像する。しかし、奇跡と遭遇しつづけるグループに、徐々に置き去りにされるようになり、凋落こそ体現するが、自己を超克するための闘争や苦闘、つまり挫折を経験しない彼女のストーリーを、ファンの作る無垢なクリティークに対し”素人にはわからない世界だから”と斬り捨て微笑む中田花奈を、常にグループの最前線の「三歩後を歩みながら」アイドル界の「トップランナーを気取ってきた流行人=田舎者の運命の当然の帰結と見るか。あるいは一時の気の迷いと見る」べきか。アイドルに与えられたコンテンツを社会批評をするための(日常で蓄積した鬱憤を晴らすための)道具にするという愚の退屈さと自己欺瞞に耐えきれずに、ファンは、少しずつだが、しかし確実に中田花奈の元を離れていくのである。(*1)

自己投影という言葉がある。

自らの内にあるが認めたくない性質や感情を、自分ではなく他の人あるいは物にあるかのように無意識に感じてしまうことを意味する語。

実用日本語表現辞典

中田花奈の場合、その対象は他でもない自身のファンである。中田花奈がファンに吐く言葉の数々は、すべて、自らの内にあるが認めたくない性質や感情なのである。彼女はファンに甘えているのだ。甘えて凭れ掛かっている。彼女はアイドルとして両足で立ったことが一度もない。だからどれだけ文章を書いても、科白を作っても、そこに込められた情動がファンに感染することはない。文量が増せば増すほど、その醜態の残酷さが顕わになる。もちろん、支柱対象の実存への問い、それは”アイドルヲタク”特有の妄執の産物ではないのか、という疑問も尽きない。いずれにしろ、グループ立ち上げ時から乃木坂46を背負ってきたつもりの中田花奈は、「現在の意識に忠実であろうとすればするほど醜悪かつ滑稽にみえるという逆説に陥っている。しかもその逆説に本人がまったく気付いていない」。業界人としての生活を維持するために、生来の資質を都会のコンクリートに投げつけて毀し、酒の力に頼って、足元に水たまりを作って溺れてしまうのは、私たちが身を置くこの世界では、隘路へ迷い込む人間の典型ではないか。それとも、”落ちていくアイドル”という自己愛に満ちた標榜の堅持(逆説)に固執しているのか。(*2)

ライブパフォーマンスについては相笠萌を象徴とする批評空間と何一つ変わらない。如何にダンスの技術を琢いても、それを表現の領域に到達させることができないのであれば、評価へと導くことは不可能である。テクニックだけでは観者の心を揺さぶることはできない。経験や体験に裏打ちされた哲学を絶対の真理とし、独りよがりな立ち居振る舞いをみせることに酔っていくのはとくに珍しい現象ではない。この大衆心理に嵌った彼女のダンスへの取り組み方や、楽曲に提示されたアイドル像と響き合い、豊穣な物語性を獲得しようと試みる姿勢の放棄=裏切りこそ、アイドル・中田花奈が抱える”勘違いの象徴”なのかもしれない。

 

総合評価 27点

推していることは秘密にしたほうが良い人物

(評価内訳)

ビジュアル 8点 ライブ表現 9点

演劇表現 3点 バラエティ 5点

情動感染 2点

乃木坂46 活動期間 2011年~

引用:(*1)(*2) 福田和也/作家の値うち「村上龍」

評価点数の見方