AKB48 初恋のおしべ 評価

AKB48, 楽曲

小嶋真子 (C)makochan_2525/instagram

「初恋のおしべ」

歌詞について、

お得意の、お決まりの、行動(移動)をしない、受動的な主人公の物語である。今作においては能動性の欠如が顕著で、それを主人公のアイデンティティに仕上げてしまっている。学校で一番人気の「彼女」が、自分に好意を寄せていて、しかも「彼女」から行動を起こすという奇跡を信じている「僕」のお話である。このような人物が憧憬として描かれる、というのは作詞家の世代を象徴するイデオロギーなのか、作詞家の世代からみた若者の恋愛風景がこのような光景なのか、わからないが、どちらにせよ(これまでにもくり返し述べてきたが)、このような詩情に共感ができたとして、はたしてそこに救い(活力)はあるのだろうか。

 

総合評価 42点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 6点

ボーカル 10点 ライブ・映像 10点

情動感染 6点

 

歌唱メンバー:内山奈月、岡田奈々、北川綾巴、小嶋真子、渋谷凪咲、田島芽瑠、朝長美桜、西野未姫、橋本耀、前田美月

作詞:秋元康 作曲:NaO / MATCH 編曲:若田部誠

 

乃木坂46 北川悠理 評価

「趣味は空を見ること」 北川悠理、平成13年生、乃木坂46の第四期生。 ヒステリ ...

AKB48 武藤十夢 評価

「ダークナイト」 武藤十夢、平成6年生、AKB48の第十二期生。 深窓の令嬢的な ...

日向坂46(けやき坂46) 丹生明里 評価

「類を絶した純白さ」 「何もかも忘れてしまいなさい。私たちはみんな温かな泥の中か ...