AKB48 春の光 近づいた夏 評価

AKB48, 楽曲

 

View this post on Instagram

 

入山杏奈 ANNA IRIYAMAさん(@_iriyamaanna1203)がシェアした投稿

「季節はもう少しで重なると思う」

季節感にメタファーを与え、そのズレが修正されるのを”待つ”「僕」の物語である。
この楽曲は、『友達のままで』や『Coming soon』と本質は変わらない。「僕」の受動的な恋物語である。片想いの女の子を眺めながら奇跡の到来を信じる「僕」。季節感のズレという要素を取り入れたことは多少アイディアがある、と云えるかもしれない。これまでにも、くり返し述べてきたが、きっかけさえあれば、その偶然を奇跡として捉え、行動をすると誓う「僕」という人間に、「僕」の書く物語に、仮に共感できたとして、そこにどのような救い(活力)があるのか?という疑問は尽きないのである。

映像作品については、模倣品ではあるものの、歌唱メンバーのパフォーマンスをしっかりと楽しめる、という点で価値をもつ映像であり、普遍的な作品と云える。

 

総合評価 51点

何とか歌になっている作品

(評価内訳)

楽曲 10点 歌詞 10点

ボーカル 11点 ライブ・映像 11点

情動感染 9点

引用:見出し AKB48 春の光 近づいた夏

歌唱メンバー:入山杏奈、大和田南那柏木由紀、加藤玲奈、川栄李奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、小嶋真子島崎遥香高橋みなみ、峯岸みなみ向井地美音横山由依、渡辺麻友

作詞 : 秋元 康  作曲 : Amber   編曲 : 楊 慶豪

評価点数の見方