SKE48 大人の世界 評価

SKE48, 楽曲

「まだ足跡のない大地」

 

とても良い。光に満ちている。しかも、それを夢と現実の泥沼のなかで足掻く、アイドルたちに歌わせるのであるから、文学の水準に達していると云える。

映像作品については、楽曲の足を引っ張っている、と断じる。難しい言葉は要らないだろう、とにかく安っぽい映像が全てをぶち壊しにしている。この楽曲が本来、目指すべき例は、直近で批評した楽曲のなかでは猫アレルギーが挙げられる。アイドルの「呼吸」を映像にすべきなのに、まるで「人工呼吸」を眺めているようである。


歌詞については、とても良い。あえてケチをつけるなら、「大人になって考えることが多くなり、何の為に生きるか何度も問いかける」と云うが、そんなことはない。ひとは、大人になる前から考えることに尽きないし、そういう真面目な人間は、「何のために生きるか?」という薄っぺらい自問自答はしないものである。こういった安易な科白を平易な文章にし、メタファーを匂わせるのが作詞家の仕事だと思うのだが。

 

総合評価 70点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 15点

ボーカル 15点 ライブ・映像 9点

情動感染 14点

 

歌唱メンバー

岡田美紅、都築里佳、山内鈴蘭、山田樹奈、青木詩織、荒井優希、内山 命、高木由麻奈、松村香織、矢作有紀奈、斉藤真木子、髙畑結希、谷真理佳

作詞:秋元康  作曲:つじたかひろ  編曲:つじたかひろ

 

評価点数の見方