STU48 暗闇 評価

STU48, 楽曲

©STU48

「綺麗事では終わりたくない」

楽曲、歌詞について、

デビュー・シングルとしては申し分ない完成度である。コンセプトも明確に定められており、馴致や倦みへの予感を貫く「胎動」を感じる。確率的に言って、当たりの数が圧倒的にすくないアイドルポップスにおいて「当たり」と云える楽曲に仕上がっている。「暗闇」という命題の成立をグループアイドルのデビューに重ね合わせた点に圧力のある暗喩の存在が認められるが、安易な「門出」や希望の振りかざしに落着しておらず、虚構に踏み込んだばかりのアイドルたちのそれぞれに検証行為を促す展開が作れている。物語の展開には、作詞家が従来の殻を破ろうとしている、これからSTU48という存在に自己を投影して行くのではないか、とおもわせるような描写が溢れており、そのような観点からも「胎動」を構成する要素の多くを満たした楽曲と云える。作詞家・秋元康にこの歌詞を書かせた”原動力”とはなにか、だれか、想像は尽きない。「瀬戸内」へのイメージもしっかりと意識され、描かれている点も良い。ただし、乃木坂46と欅坂46のもつ「色」を折衷しようと狙いすぎている点はマイナス要因に挙げられるだろうか。方向の定まらないアイドルたちを糸で操るのではなく、それぞれ別の方向を向かせたまま一箇所に集合させるような、ひとかたまりの自立を、表現を試みるべきであった、とおもう。

ライブ・映像作品について、

この楽曲はライブでこそ輝きを放ち、深化をみせる楽曲であると想う。このさき、くり返し披露されるはずだが、その都度、演じるアイドルだけではなく、曲そのものも、現在とは異なる表情をみせるのではないか。

 

総合評価 78点

現在のアイドル楽曲として優れた作品

(評価内訳)

楽曲 17点 歌詞 18点

ボーカル 13点 ライブ・映像 16点

情動感染 14点

歌唱メンバー:石田千穂、石田みなみ、磯貝花音、市岡愛弓、今村美月、岩田陽菜、岡田奈々、門脇実優菜、佐野遥、瀧野由美子、田中皓子、土路生優里、福田朱里、藤原あずさ、森香穂、薮下楓

作詞 秋元康  作曲 aokado 編曲 aokado

評価点数の見方