SKE48 都築里佳 評価

都築里佳 (C)piyosuuuuu/instagram

「フリーク・アウト」

アンダーグラウンドとは、文芸という分野において「ホンモノ」と呼ばれる猛者が住まう領域である。あるいは、彼ら自身のことをアンダーグラウンドと表現しても良い。本物とそれを見抜くオーディエンスが邂逅する場所。アンダーグラウンドとアマチュアを混同してしまう者もすくなくはないだろうが、両者は決定的に隔てられている。アンダーグラウンドとアマチュアは共存不可能であり、アマチュアはアンダーグラウンドに喰われる運命にある。都築里佳の場合、アンダーグラウンドとアマチュアという相反する領域の境界線が曖昧になっていると強く感じる。アイドル・都築里佳は一種の倒錯状態にあるのだ。

SKE48の都築里佳が正統な意味で、アンダーグラウンドとは呼べないにしても、彼女がアマチュアではなく、アンダーグラウンドの境域に生息する実力者であることは間違いない。例えば、坂道シリーズの登場によってアイドルに興味を抱きはじめた新参者が、彼らにとっては興味の範疇外に存在する都築里佳のパフォーマンスをなにかのきっかけで観てしまったら、アイドルシーンに対する可能性や期待といった枠組みが拡張されるのではないか。だが、ダンスパフォーマンスや演劇表現力が平均的なアイドルを凌ぐ現実があるのにもかかわらず、アイドルとしてのうだつは上がらない。これは、やはり彼女のなかにアマチュア的な「なにか」が潜んでいる証ではないか、とおもう。

アイドルが好きな女性が、自身もアイドルを生業にしてしまう「奇跡」を手にしたとき、陥りやすい隘路として、過剰な客観視がある。彼女たちは「アイドル」を演じる自分自身をしつこく俯瞰してしまう。アイドルの存在理由を誰よりも深く知っているはずなのに、その虚構に対して矛盾した姿勢をとってしまう。結果、アイドルにとって必要な虚構=フィクション、つまり”ここではないもう一つの別の世界”を作り上げることに失敗する。どうしても、アイドルになりきれない、アイドルを演りきれない。だから、素の自分を幻想とすり替えて、そのまま装飾してしまう。だから、自身の情動を引き起こすことが叶わない。情動の引き起こしがないのなら、もちろん観者に自身の情動を感染させることも不可能である。都築里佳の洗練された踊りを観ても、その技術に感心するだけで(それが如何に優れているかを説明できるだけで)その光景がファンの心を裂くことはない。心がひき裂かれる、握り潰されるというのは、ひとつの「生死」体験である。それも、アンダーグラウンド特有の。彼女はアンダーグラウンドの境域に立ちながらも、「生死」体験を所有しない。

例えば、グラフィティアートとは本棚の横に”ウィンチェスターM1887”を立て掛けて眠る白髭の家主を起こさぬように、月の灯を頼りに、外壁に路上の哲学を印す行為である。世間からは犬の小便と揶揄される行為だ。しかし、それは紛れもなくアンダーグラウンドである。アマチュアとは、自転車に股がった警察官の懐中電灯にさえ見つからなければ良い、安全で心地の良い場所で、綺麗なコンクリートにスプレーを噴射するような行為を云う。そこから「生死」体験は生まれない。「生死」を想うのはグラフィティアートだけではない。

ダンス・フロアで、最高の音楽をバックに死ぬのってどんな感じなんだろうか。05年10月15日深夜、街を支えていた製鉄工場が潰れ、すっかりゴースト・タウンと化した千葉君津市の北部に位置する廃墟「アクア・マリン・スタジアム」の3階、STRUGGLE FOR PRIDE のライブが発生させた1000人規模のモッシュ・ピットが床をグワングワンしならせ、壁からコンクリートの破片をボロボロ落とすのを見た時は、まあここが墓場になるならそれはそれで悪くない人生かもね、と思ったものだ。ライブが終わり、1階に降りると、屋台で起こったボヤ騒ぎが消し止められた直後らしく、辺りに煙りが充満していて、パニックを恐れたスタッフがシャッターを開けると、何100人ものオーディエンスが一斉に飛び出して行き、それと入れ替えに酸素と湿気がブワーッと吹き込んできたあの光景は多分一生忘れられないだろう。

(磯部涼『STUDIO VOICE「僕たちは神様の目を盗んでフリーク・アウトする」』)

私もこのライブ会場に居合わせたひとりである。当時、この辺境の地にDJ KRUSHがやって来ると聞いて、駆けつけたものだ。このような”多分一生忘れられないだろう”という体験は、アイドルのライブ会場でも遭遇したことがある。私の脳裏に焼き付いているのは、乃木坂46のアンダーライブにゲストとして出演した中元日芽香がスポットライトを浴びた瞬間に発生した声援。あの時、私は柱が倒れ、足元が崩れ落ちる、と悟った。「生死」というものへの共有体験は、ファンと演者に特別な「信頼」という絆を結ばせる、と確信した。
都築里佳は、この特別な絆を有していない。(ながいアイドル活動で培った共闘関係は築けているだろうが)その姿形、威嚇的で臆病な猫のような姿から、メインキャストへの可能性を感じるが、多くの若手アイドルが13歳から19歳頃までに経験するモラトリアムの苦闘、自己評価と乖離したポジションへのプレッシャー、重圧を経験していない点から展望は見出し難い。選抜入りという物語を書くためには、フリーク・アウト、つまり心の闇を裸にしてみせるような立ち居振る舞いが必要になるだろうが、本人にその意向があるのか、疑問。

 

総合評価 56点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 10点 ライブ表現 14点

演劇表現 14点 バラエティ 10点

情動感染 8点

SKE48 活動期間 2010年~

評価点数の見方

SKE48