SKE48 谷真理佳 評価

SKE48

谷真理佳(写真右)(C)「エビショー!」製作委員会

「保存」

谷真理佳、平成8年生、HKT48の第二期生であり、SKE48へ完全移籍したメンバーの一人。
わたしがはじめて谷真理佳を意識したとき、彼女はたしか、画面の向こう側で青いジャージを着てリュックを背負いヒッチハイクをしていた。SKE48のバラエティ番組、その喜劇の中の一つだったか。ほどなくして、谷真理佳はブレイクを果たす。成長共有へのカタルシスが抑えきれない衝動となって、グループアイドルとしてありがちな、しかし滅多には見られないスペクタクルショーを描いた。松井玲奈との交錯もファンに自身の情動を感染させたようだ。だが、それらの物語はすべて特効薬的な感興である。しばらく彼女は表通りから姿を消すことになる。

ひさしぶりに見た谷真理佳はどこか疲れているような印象をうけた。髪は変わらず黒く長い。スマートな陰影、スタイルも維持されている。頬骨と顎骨の逞しさをみる度に「惜しいな」と考えていたことを、わたしは思い出した。谷真理佳はエンターテイメント的なキャラクターだが、本人がファンの気を引こうとして仕掛ける「悪戯」は文学寄りである。表面的には滑稽であるのに、そこに込められた意味を考えてしまうと、我々は少し暗い気持ちになる。次から次へとろくでもないことが起こるみたいな、毎日が毎日つづいているみたいな、沈んだ気持ちにさせる。どうにかして、明るいままの、暗くなる前の谷真理佳を、アイドルたちを保存しておけないものか、といつも想う。

 

総合評価 57点

問題なくアイドルと呼べる人物

(評価内訳)

ビジュアル 7点 ライブ表現 12点

演劇表現 11点 バラエティ 14点

情動感染 13点

 HKT48、SKE48 活動期間 2012年~