SKE48 松井玲奈 評価

SKE48

松井玲奈さん(@renamatui27)がシェアした投稿


「飢えはよい修業だった」

SKE48のオープニングメンバーである。
松井玲奈はデビューから卒業まで、常に孤独であった、と思う。ここで言う孤独とは容易く飼い慣らせる孤独のことではない。漁師のボートが去った後の海に降る雨のような孤独のことだ。観る者に陰影の濃い情動を引き起こさせる、宿命のようなもの。

トップアイドルの資質とは、条件とは、その物語のなかで世間を騒がせるような類の出来事が起こらなければならない、という訳ではない。何もない、なんでもない日常の風景の繰り返しのなかで、昨日とは少しだけ違う仕草を垣間見せ、ファンにしか捉えられないものを切り取らせる。昨日自分がゴミ箱に捨てた感情の欠片をファンが拾い上げてしまうような光景。これこそが、トップアイドルの資質である。たとえば松井玲奈の「姿勢が良い」、という評価は、外面的な態度だけを指すのではない。内面的な視線、哲学が反映された立ち居振る舞いのことを言っているのである。その姿勢の良さから生まれる緊張感は他のアイドルだけではなく、ファンにも伝播する。ファンはそれを捉え、敬意を払う。そして切り取るのである。 

文芸という世界を作り上げる為には、独りだけで過ごす時間、世間から隔絶された空間が必要になる。
しかし、トップアイドル・松井玲奈には読書をする時間すらも与えられない。会いたいと想う人にも自由に会えない。明日の仕事の為に今日がある、というような焦燥感に駆られる生活がアイドルを卒業するその日まで続いた。そんな心に余裕がもてない状況下でも松井玲奈はその凛とした佇まいを崩すことはなかったのである。もし、今日のアイドル界に松井玲奈の痕跡を探すつもりなら乃木坂46を観れば良い。松井玲奈が残した「清楚」という足跡が綿々と受け継がれているからだ。そのイデオロギーは今も同じリズムで呼吸をしているのである。まさに「命は美しい」のだ。

 

「松井珠理奈との関係性」

雲井浪子と篠原淺茅、前田敦子と大島優子、いつの時代も人気を二分するアイドルの「構図」というのは、避けられない宿命として配置をされるが、松井珠理奈と松井玲奈の関係性はすこし異なる。ミハエル・シューマッハはアイルトン・セナの後ろ姿を見ながら何を想ったであろうか。三島由紀夫は石原慎太郎に何を伝えたかったのであろうか。松井玲奈と松井珠理奈、この二人の関係性も彼らのように、ファンに特別な、特異な情景を想起させるのである。それは決して、安易なアンチテーゼ的な関係ではないはずだ。下記の文章は石原慎太郎と三島由紀夫の関係について、福田和也の評である。

文壇華やかなりし時代、その資質は違いこそすれ、才能と人気において抜群の二人の、しかも文学だけでなく、たがいに埒外の領域でも活躍をし、話題を提供していた時代の交際は、まことに贅沢なものであり、現在ではありえないある種の稚気や無垢が横溢していたように窺えます。

(福田和也「石原慎太郎の季節」)

松井玲奈と松井珠理奈、この二人の関係性にも重なるところがあるようにおもう。

 

総合評価 82点

近代アイドル史に名を残す人物

(評価内訳)
ビジュアル 16点 ライブ表現 16点

演劇表現 17点 バラエティ 15点

情動感染 18点

 

SKE48 乃木坂46 活動期間 2008年~2015年

評価点数の見方