SKE48

© SUNSHINE SAKAE

「イデオロギーズ」

SKE48とは、AKB48の内奥から放りだされた全体主義的な概念を、対立命題として宿命的に取り込んだアイドルグループである。家系図としてのイデオロギー(フィクションを作ることへの意識)は、アイドルシーンをソロアイドルからグループアイドルへと転換させたAKB48よりも底が深い。それは、安易に群像劇と呼ぶことはできない物語を作る。一家として連綿と受け継がれていく物語、しかし、それぞれのアイドルが”アイドルのジャンルらしさ”から切り離された隔絶=憂鬱を抱え込む。

英雄ではなく、キズだらけの主人公として、あるいは異物として描かれる松井珠理奈の苦闘。処女性によってのみ表出する「清楚」の象徴となった雲井浪子(宝塚少女歌劇)の系譜に連なる松井玲奈。アイドルが不在となった虚構の中にノスタルジアを求め彷徨い歩くファンを生み出した向田茉夏など、彼女たちが作り上げたイデオロギーは、北川綾巴、末永桜花を先頭に、あたらしい時代を生きるアイドルたちを眺めることで、それを全身から感じとることが出来る。そのような長編小説のなかに書かれた物語たちの枠組みを貫き、まったく別の、まったくあたらしい物語を書くために真っ白な原稿用紙の上に立つ小畑優奈の登場。彼女が書いた物語の結論がグループの通史に対し、どのような結実を描くのか、現在(いま)SKE48は前例のない局面に立っている。

 

SKE48メンバー

1期生
大矢真那 松井珠理奈 桑原みずき 小野晴香 佐藤聖羅 矢神久美 新海里奈 鈴木きらら 高井つき奈 高田志織

2期生
斉藤真木子 向田茉夏

3期生
須田亜香里 松村香織

4期生
都築里佳

5期生

6期生
北川綾巴 北野瑠華

ドラフト1期生
神門沙樹

大組閣移籍組
谷真理佳

7期生
小畑優奈

ドラフト2期生
一色嶺奈 水野愛理

8期生

ドラフト3期生