AKB48

© 2011 AKS

「国民的アイドルの誕生」

AKB48とは、アイドル史にとっての基準線を貫いた転換線である。基準線と転換線のクロスは強烈なトレンドを発生させ、国民を巻き込む新たなアイドルブームの誕生を知らせる。カフェのテーブル上に置かれた真っ白な原稿用紙のなかを、みぎへひだりへと動きまわる不完全な少女たちの群像劇は、ソロアイドルからグループアイドルへとシーンを移動させ、森昌子の登場によって形づくられたアイドル史のあり方そのものを転覆させ、現代アイドル史の性格を決定づけた。

前田敦子、島崎遥香以後、自己模倣の収斂により、グループから群像劇が消滅し、アイドルたちは個性を欠落させる。後藤萌咲、矢作萌夏世代のアイドルは、自身が所属するAKB48の歴史を”よすが”にはしない。彼女たちが、空中に漂ったまま、何処へたどり着くのか、まったくあたらしい物語への胎動は、始まったばかりである。

 

AKB48メンバー

1期生+1.5期生
前田敦子 峯岸みなみ 板野友美

2期生
大島優子 秋元才加

3期生

4期生
柏木由紀

5期生
宮崎美穂

6期生

7期生

8期生

9期生
森杏奈 横山由依 島崎遥香 永尾まりや

10期生
仲俣汐里 

11期生

12期生
高橋朱里 田野優花 武藤十夢

13期生
相笠萌 村山彩希

14期生
岡田奈々 小嶋真子 西野未姫

15期生
大和田南那 谷口めぐ 佐藤妃星 福岡聖菜

ドラフト1期生
後藤萌咲

大組閣移籍組
木﨑ゆりあ

Team 8
佐藤栞 岡部麟 小栗有以

ドラフト2期生台湾

16期生

ドラフト3期生