乃木坂46 隙間 評価

乃木坂46

西野七瀬 写真集 『風を着替えて』 (C)川島小鳥/集英社

「隙間」

歌詞について、

「時間」とは我々の全身に降り続けるものであり、塊として目の前に漂う物質である。我々は、時間がズレる、この感覚に遭遇することでデジャヴュやパラレルワールド、アナザーストーリーといった個人的体=想像力を手繰り寄せる。そのズレを、あるいは乖離を「隙間」と名付けたセンスをどう捉えるべきか。書き出しは文句なし。イントロと共にそれが身体に打つかると、たしかに、抑えがたい期待感を自覚させられる。しかし、「隙間」という場違いな言葉の登場によって、その場に置き去りにされてしまったような感覚に陥る。

 

総合評価 63点

再聴に値する作品

(評価内訳)

楽曲 16点 歌詞 10点

ボーカル 12点 ライブ・映像 11点

情動感染 11点

 

歌唱メンバー:伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、中田花奈、西野七瀬、若月佑美

作詞: 秋元康  作曲:Akira Sunset、Carlos K.  編曲:Akira Sunset、Carlos K.

 

AKB48 相笠萌 評価

「ウィットに富んだアイドル」  相笠萌、平成10年生、AKB48の第十三期生。 ...

山下美月「センター」を検証する

「動機として、46時間テレビをふり返る」 「どうもこんにちは。あやめちゃん、こん ...

乃木坂46 帰り道は遠回りしたくなる 評価

「ここではないどこかへ」 ひとの人生は、過去になしとげたこと、現在なしとげている ...