NMB48 渋谷凪咲 評価

NMB48

渋谷凪咲さん(@nagisa_nikoniko)がシェアした投稿

「ちょっとした別のアイデア」

アイドルの「ガイド」という立場を意識したとき、高い水準と資質で彩られた乃木坂46のブームの影で、彼女たちに比肩する才能と実力を持ったアイドルを批評し、ガイドする、というのは胸の高鳴る所業である。
NMB48の第四期生・渋谷凪咲。デビューは乃木坂46第一期生が誕生した1年後。ビジュアルはややクセがあるものの「愛嬌」という分野では現代アイドルのなかでトップクラスと評価して良いだろう。なによりも、彼女の特色は、そのフィジカルの強さにあるだろう。アイドルにとってのフィジカル力は、プロスポーツ選手と同様に重要なステータス(能力)になる。アイドルを襲う雑多な問題に対応できるバランス感覚として機能するからだ。健全な精神とは健康な肉体にしか宿らないものである。彼女のモチベーションが高い水準で保たれている理由も、このフィジカルの高さにある。
バラエティ番組でみせる存在感も抜群である。ファンに活力を与える、というアイドルの命題を満たす活躍である。
レギュラー番組での瞬発力と意外性のある立ち居振る舞いが、ゲストとして出演する番組でも損なわれないのは、やはり彼女の生まれ持ったフィジカル力(希有な資質)のおかげだろう。それが表面上にはどう映るのか。度胸なのか、つよがりなのか、ファンに戸惑いを与えるような心の弱さとして映る。「未成熟なアイドル」という意味では一つの到達点と云えるだろう。
しかし、アイドル史に銘記される人物になるために、次のフェーズへの移行を考えると、このまま「おもしろい」だけで良いのか、「活力を与えるアイドル」のままで終わって良いのか。現在の歩みが隘路であった場合に、それに気付くことができるのか、それを掘り進む覚悟があるのか。あるいは、まったく別のアイドルに進化するのか、渋谷凪咲はこれから岐路に立つことになるだろう。トップアイドルと呼ばれるアイドルたちの仲間入りを果たす為のブレイクスルーを起こすには、ちょっとした別のアイデアが必要になるかもしれない。そして、渋谷凪咲がそれを発見する過程は(光景は)、アイドルとして豊穣な物語と呼べる代物になるだろう。

 

総合評価 77点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)
ビジュアル 17点 ライブ表現 15点

演劇表現 11点 バラエティ 18点

情動感染 16点

 

NMB48 活動期間 2012年~

評価点数の見方