欅坂46 守屋茜 評価

欅坂46

守屋茜(C)欅坂46

「我を忘れ走れ」


猪突猛進型アイドルである。
アイドルとして正統的な資質と呼ばれるべきものであるにもかかわらず、守屋茜のみせる立ち居振る舞いは、現代アイドルの中にあっては、稀少獣のように映るかもしれない。彼女の類稀な自発的能動性の高さは、演じる「アイドル」の情動を掻き立て、それをいとも容易くファンに感染させる。必死に走り、笑い、哭く。彼女の立ち居振る舞いが単純明快な姿であればあるほど、ファンは活力を得ていく。この、アイドルとして原始的で素朴な資質は、守屋が所属する欅坂46においては異物的な輝きを放っている。

守屋茜は現代アイドルとして、何故、稀少獣なのか。それは、守屋茜を象徴する資質が、多くの凡庸なアイドルにとって、成長と共に喪失するものだからである。あるいは、自ら手放してしまう資質。10代でデビューをする少女たちは、端から端まで作り物の世界に身を置き、そのなかで自我を獲得しなければならない。安易に表現することが許されないような様々な感情が日々、体内をめまぐるしく駆け廻る。その結果、デビュー段階でみせた表情が細い一本の皺としてしか痕跡を残さないことになっても、それを、誰も責めることはできないだろう。もちろん、守屋茜もそのような感情に囲繞され、「壁」に遭遇したはずだ。彼女の場合は、猪突猛進的なキャラクターが一度、彼女の内側から損なわれたようである。しかし、完全に欠落はしなかった。壁に囲まれた少女が生来の輝き(資質)を体から少しずつ千切っては壁に投げ捨てていく…。そんな反復行動の途中で、影を潜めていた美への追求、探究心(耽美)が身体の深奥から立ち現れ、彼女を耽美主義へと傾倒させたのである。
半端な美の追求を試みるアイドルは必死に笑ったり泣いたりはしなくなるものである。しかし、本物の美の追究者はちがう。感情を露にすることが至上の美であることを理解している。だから意識的に立ち振る舞うことが可能となる。守屋茜はそれを体現するアイドルである。これは、止揚と云えるかもしれない。

しよう【止揚】 ( 名 ) スル
ヘーゲル弁証法の根本概念。あるものをそのものとしては否定するが、契機として保存し、より高い段階で生かすこと。矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること。揚棄。アウフヘーベン。 〔ドイツ語 Aufheben の訳語。「岩波哲学辞典増訂版」(1922年)が早い例〕

出典 三省堂

守屋茜が無意識に魅せた猪突猛進。これがアイドルとして成熟していく過程で、耽美主義と止揚することで、”意識的に”我を忘れて走ることが可能になった。抽象的な概念の距離を一瞬で埋めるように走れる。表情はほとんど変わらない。そこに「美」への拘りが加わっただけである。この絶妙なバランス感覚を安易に真似しようと試みても、まず到達不可能だろう。そこに到達するには、やはり、日常の提出(葛藤し、苦闘する醜態)と毀損が条件になるのだろうか。北川綾巴朝長美桜など、耽美主義なアイドルが目指すべき終着駅こそ、アイドル・守屋茜ではないか、と私は判断する。

美に対して無意識に振る舞うアイドルの代表格を挙げるならば、それは今泉佑唯になるだろうか。このタイプのアイドルは耽美主義者には決して手にすることのできない”儚さ”を魅せる。

岐路の先にあるものは、やはり岐路である。行き先を誤れば当然、隘路が待ち構える。次に守屋茜を襲う問題は果たしてどのようなものだろうか。トップアイドルとして、最前線をキープし、長く走り続けるにはペース配分の能力が必要になるかもしれない。しかし、それでもファンが観たいと求めるのは守屋茜の全力疾走である。この矛盾に襲われたとき、隘路の入口に立った時、持ち前の能動性でその隘路の壁を掘り進むことができるのかどうか、楽しみである。

 

総合評価 74点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 17点 ライブ表現 14点

演劇表現 10点 バラエティ 17点

情動感染 16点

 

 欅坂46 活動期間 2015年~

評価点数の見方