AKB48 谷口めぐ 評価

AKB48

谷口めぐ (C) o_megu1112/instagram

「きらきらひかる」

谷口めぐ、平成10年生、AKB48の第十五期生。
デビューから一貫してアイドルの瑞々しさを枯らさず、なおかつ、力強い生彩を放つ独特な魅力も持つ。谷口めぐの眼光の鋭さ、それは、乃木坂46のブレイクが作る「清楚」への希求や欅坂46が作る「演劇と歌唱のすり替え」といったシーンのトレンドを生き抜けるのではないか、憧憬を抱かせる魅力がたしかにある。渡辺麻友、島崎遥香卒業以降のAKB48の通史、つまりグループの未来を語るうえで重要な役割を担った登場人物、エースやホープといった形容辞を用いるのにふさわしいアイドルだと感じる。
姿形の美しさはあらためて問うまでもない。人懐っこく、愛嬌があり、それが生来の剣呑さと対峙することで鋭利な儚さが映し出され、きわめてクールだ。心をひらく言葉を発し、他者と打ち解けようと試みる直前にみせる躊躇、俯きに独特な警戒心を覗き、それが逆に心をつよく握りしめ、放さない。谷口めぐの風貌には、シンプルに日常生活者としての闘争が内包されており、まるで古代ローマのソルジャー(剣闘士)のような澄んだ切迫を描いている。彼女が仲間と咲うにしても、敵と闘うと表明しても、ファンのあいだには、心地の良い空気振動が伝わるのではないか。

演技力については、他者の書いた本の中では日常の剣呑な雰囲気が薄れ、舞台装置の上になにか非個人的な話題が落ちていて、常にそれを横目で警戒するような心細さを露呈する場面も多いが、吐き出す科白は曇っておらず、ソリッドは損なわれていない。「ツヴァイ」を演じた際の姿形を観て分かるとおり、谷口めぐの演劇の特徴とは気迫にある。舞台上でみせる気迫に満ちた立ち居振る舞い、身振り手振り、アイドルの一挙手一投足がそのままファンとの「未体験の共有」となり、ファンに活力(夢)を与えるというアイドルの命題をクリアしているのだから見事と云うほかない。ライブ表現力については、旧世代と新世代に挟撃される恐怖や不安、苦悩の表情をひとつの舞踏として、あらためてアイドルという架空の世界に落とし込むことに成功している。彼女の鋭利な眼光は観者と独特な距離感を作り出す。触れられる位置にいるはずなのに、けして手が届かないと確信させる距離。しかしそれが唐突に差し出される無邪気な笑顔によって、途端にアイドルの懐に手繰り寄せられてしまう…。立ち居振る舞いに奇妙な安心感があり、それがステージの上に立つことへの歓喜を本物の感動だと約束してくれる。つまり、このような光景こそ、平成と令和の境界線を越えた現在のAKBグループにおいて、あらためて「挿絵」にするべき、語り継がれるべき構図なのかもしれない。
しかし、この「時間」の経過に耐えうる資質は、谷口の能天気な立ち居振る舞いによって、グループの表舞台から逸れ、約束された場所に向かわず、遠回りや逆走を描く場面も多い。段々下降していくアイドルのストーリーを前に、ファンは失望感に直面しつつある。だが、彼女の描く無防備や無自覚とは「主役」の裏返しでもあり、どう遠回りしても、何を選択しても、物語の中心、つまりセンターポジションへと導かれてしまう「業」のメタファであるはずだ。もし、彼女がこのまま表題曲の歌唱メンバーに一度も選抜されず、アイドルの物語を書き終えてしまうような事態がおとずれるのだとすれば、そのような物語こそ、まさしく、AKB48の斜陽、そのもっとも明確な徴と呼べるのではないか。

ローマ人が柔軟に法律を変えたように、きっとグループアイドルもまた、時代の流れ、趨勢によって柔軟にカタチを変えなければならないのだろう。そうすることではじめて混迷する困難な時代をのり越え、二度目、三度目の黄金期の到来を実現できる。AKB48は、たとえ衰退の一途を辿る状況であっても、「王者」にかわりはない。王者であるからには坂道シリーズというブレイクを迎え撃たなければならない。”追うものは追われるものに勝る”といった姿勢を一度捨て、追われるものの側として追うものを迎え撃つ、そのような物語の展開、古臭い、芝居じみた構図を描かなければならない。彼女たちは、一枚の原稿用紙の上で食い扶持を奪い合うしかない宿命にある。自己犠牲によってのみ、シーン(文芸)は深化し、たかめられる。フィクションを作る、この行為は「幼稚」と揶揄され、「禁忌」とされる傾向がつよくなった。しかしアイドルを演じる少女がアイドル(もう一人の自分)を作り、それを物語るとき、「ウソ」の存在から逃れることなど、到底、不可能である。たとえば、矢作萌夏を「救世主」と扱い、彼女の美貌を掲げる行為、これもひとつのフィクションであったはずだ。秋元康の作る詩的世界、アイドルのあたらしい素顔、真実を伝える為のフィクションの支柱となり、AKBグループの崩落を持ち堪える役割を担うアイドル、それは、まず村山彩希と谷口めぐ、この2名が先鋒に立つべきだ。村山彩希がシーンそのものを転覆させる「アンダーグラウンド」として屹立するのに対し、谷口めぐは島崎遥香以降、途絶えた「個性」と小嶋真子から欠落した「古典」をグループの歴史に再び邂逅させる原動力になる可能性を秘めている。谷口めぐ、村山彩希の名を掲げることで辛うじてAKB48の存在理由は保たれ、過去だけではなく、あたらしい未来での”栄光”を描くことができる。AKB48という深く救いの無い常闇のような筐体の底で、谷口めぐは、きらきらとひかっている。

 

総合評価 67点

アイドルとして活力を与える人物

(評価内訳)

ビジュアル 15点 ライブ表現 13点

演劇表現 13点 バラエティ 13点

情動感染 13点

AKB48 活動期間 2013年~

 

乃木坂46 太陽ノック 評価

「太陽ノック」 楽曲について、 結果的に、生駒里奈がセンターポジションに立ったの ...

乃木坂46 命は美しい 評価

「その手 放せば楽なのに」 歌詞について、 「ぐるぐるカーテン」から「何度目の青 ...

乃木坂46 何度目の青空か? 評価

「太陽は滲まないさ」 ミュージックビデオ、楽曲について、 掛け値なしの傑作。休業 ...