AKB48 後藤萌咲 評価

AKB48

後藤萌咲 (C) ウォーカープラス/田中智久

「青春の犠牲」

後藤萌咲、平成13年生、AKB48のドラフト第一期生。
おそらく、AKB48の歴史において情熱的フレネミーをもっとも強く掲げるアイドル。「夢」に対する熱誠にはたじろぐものがある。また、すでに、アイドルとして描く本篇の物語、その量を凌ぐ”外伝”を書き切ろうとする熱量を投げつけており、成長共有の分野で極北に立つ登場人物と呼ぶべきか。ビジュアルも良い。ルックス、スタイルともに申し分なく、バランス感覚を伴った姿形はクールでスマートなアイドル像を作り上げている。笑うと冷然が途端に消えて、生来の抑えきれない好奇心によって森の深い場所を彷徨うことになった子猫のような”戸惑い”が形づくられる。
アイドルを演じる日常を青春の犠牲と捉えずに、青春そのもの扱うアイドルでもある。彼女のその姿勢は、自身の物語を他者に共有させる覚悟の表明であり、自身の物語の読者となったファンに対する”真剣さ”の現れだろう。その真剣さが引き起こす情動によって野心と虚栄心が交互に立ち現れ悲喜劇を作る場面もすくなくはないが、それはアイドルとして、人として、生命感に満ちている徴である。このタイプのアイドルは時間の流れの止んだ虚構内で輝く場面が多い。しかし後藤萌咲の場合、静止的な世界よりも映像作品やライブステージといった動的な架空世界の内に置かれたほうが心の揺れを表現しやすいようだ。繰り返しループされる世界でみせる生命感や拒絶感が作る表情はとても煌やかで儚い。

「だれだって自分が自分の友だちさ」と媚びるような笑顔を見せて、フェイギンが答えた。「どこに行ったって、自分くらいいい友だちはないからね」
「時によってはそうでないこともあるぜ」といかにも世なれた大人を気どって、モリス・ボルターが答えた。「自分がいちばんの敵だという人間もあるからね」
「そんなこと考えちゃいかん」とフェイギンは云った。「自分が自分の敵になるのは、ただ自分と友だちになりすぎるからであって、自分以外の人間に気を使うからじゃないさ。なんの、なんの、そんなこと、道理としてありゃしないよ」

ディケンズ 「オリバー・ツイスト」

後藤萌咲が、自分以外の人間が奏でる「音」を信頼し、身を委ねることができずに、不信感だけではなく拒絶感さえも示してしまうのは、”自分自身がいちばんの友だち”だからである。そして、それが”つよがり”という「個性」として捉えられ、賛辞さえおくられてしまう。彼女を『そこから動けなくしている』のは、この個性への錯覚が原因だろう。
後藤萌咲は「個性」への問いが尽きないアイドルである。それは彼女からグループアイドルとしての「個性」が欠落してしまったせいかもしれない。だから彼女は、あたらしい時代に呼応しようとしても、あたらしいタイプのアイドルにはなれないし、グループのイデオロギーを継承していないから、古いタイプのアイドルとも呼べない。彼女は、何処へも往けない浮遊感を身にまとっている。例えば、後藤萌咲がファンとの交錯によって起こす情動、これは世代が異なれば、ひとつの個性、アイデンティティにさえなっていたはずだ。例えば、後藤萌咲のギリシャ彫刻を想わせる姿形、これも秋元才加がアイドルとして生きた時代ならば、秋元がそうであったように、そこに「自我」を感じさせただろう。共時性の閾には到達しない、再現性の範疇とよべる現象が彼女から、(彼女と同世代の、多くのアイドルから)個性を欠落させてしまった。彼女たちは「比較」されることに飽いている。その行為自体に何らかの意味(価値)をみいだすことができないでいる。自発的能動性に対する貧弱さを彼女から感じてしまうのは、この一種のペシミズムが影響している。

同世代のアイドルと比べ、ペシミズムが後藤萌咲に重くのしかかるのは、彼女がセンタータイプのアイドル=主人公への宿命を背負ってしまったからである。『ひと夏の出来事』においては、そのノスタルジックな仮構の中で儚く舞う彼女の姿形は、アイドルを演じる少女の存在理由を満たす光景へとすり替わり、もし、この少女が仮構の世界から勢いよく飛び出し、現実世界のステージの中央に舞い降りたら、と虚構と仮構の境域を不分明にするような「if」=憧憬をたしかに抱かせたのだから、後藤萌咲は”センター”=主人公という役割に、その業に、どんな場面でも、ここではない別の世界でも、常に追いかけられる人物なのではないか、と想像する。

平成の終わり、令和の始まり、時代の境界線を越える、次の世代を生きるアイドルたち。彼女たちの多くは、青春の犠牲を儚さとして立ち現すのではなく、幻想になりきるのでもなく、アイドルそのものが日常であり、アイドルそのものが青春である。自らの虚構と家郷を持たない少女たち。広大な世界を浮遊する少女たちを、次の世界への扉をひらく「鍵」と捉えられるだろうか。この「鍵」の象徴に小畑優奈が、与田祐希が、そして後藤萌咲が選ばれ、この「鍵」の合う「空扉」を探す旅こそ、現在のシーンが立つフェーズ、そこに提示された命題と云えるだろう。つまり「鍵」の象徴的存在である「後藤萌咲」の動向をそのままAKB48の行く末と捉えることも、もちろん可能になる。後藤萌咲は、その結末に、今後の動向にきわめて高い価値を孕むアイドル(暗示)の一人であり、彼女の出した”答え”には検証の尽きないフィクティブな批評空間を作り上げる原動力が宿りつづけるはずだ。後藤萌咲のような少女が「後藤萌咲」のようなアイドルへと成長した出来事こそ、シーンの収斂に迎え撃たれる”次世代”アイドルへの暗示なのだ。後日、振り返れば、後藤萌咲とおなじようにアイドルを卒業し、後藤萌咲とおなじような後日の物語を記す元アイドルが、シーンに溢れかえっていることだろう。

 

総合評価 71点

アイドルとして豊穣な物語を提供できる人物

(評価内訳)

ビジュアル 14点 ライブ表現 16点

演劇表現 12点 バラエティ 15点

情動感染 14点

AKB48 活動期間 2014年~2019年

   

AKB48 西野未姫 評価

「第2の”まゆゆ”」 西野未姫、平成11年生、AKB48の第十四期生であり、「三 ...

アイドルの可能性を考える あたらしい”推し”を探そう 編

「あたらしい”推し”を探す」 メンバー 楠木:批評家。趣味で「アイドルの値打ち」 ...

AKB48 川上麻里奈 評価

「川上麻里奈」 川上麻里奈、平成8年生、AKB48の第十一期生。 同期に川栄李奈 ...